楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【パワーポイント】ノートや文字のサイズを変更する3つのポイントを紹介!

4 min 44,177 views
パワポ初心者

パワポ初心者

パワーポイントのノートの大きさを変えたいけど、ノートや文字のサイズを変えることはできるのかな?

もちろんできるよ!パワーポイントのノートや文字を大きくして見やすくすることができるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

パワーポイントのノートや文字のサイズを変更することができます。

ノートの文字サイズを調整するポイントは3つです。

パワーポイントでノートや文字のサイズを変更する3つのポイント
  • 表示モードのノートのフォントサイズを調整し文字だけを大きくする
  • 表示タブを開き「ズーム」をクリックしノートペインのサイズを調整する
  • ノートペイン内または表示モードのノートをクリックしCtrlキーを押しながらスクロールする

事務の経験が10年以上ある私が、パワーポイントのノートや文字のサイズを調整する方法をくわしく説明するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

パワーポイントのノートは「ノートペイン」と「表示モード」があります。

ノートペインのサイズを大きくしたり、ノート表示モードの文字だけを大きくすることができるので、作成者や発表者が見やすいサイズに表示しておきましょう。

ノートのサイズを変更する3つのポイントさえ押さえておけば、慌てることがなくなります。

パワーポイントのノート機能の使い方についてはこちら≫【パワーポイント】ノート機能の使い方を初心者にもわかりやすく徹底解説!の記事でくわしく説明しています。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『PowerPointのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

パワーポイントでノートや文字のサイズを調整・変更する方法

パワーポイントのノート部分が小さくなって見にくくなっている場合や、ノートの文字が小さくて見にくいときはノートを大きくしたり文字を大きくすることができます。

ノートのフォントサイズを調整する

ノートの文字を大きくしたいときはフォントを調整しましょう。

ノート表示モード画面
ノート表示モード画面

表示タブを開きプレゼンテーションの表示の『ノート』をクリックしてノートを表示してください。

大きくしたい文字を選択し、フォントサイズを調整しましょう。

すべてのノートのフォントサイズを一括で変更したいときは、ノートマスターを活用します。

ノートマスターについては別記事で説明しているので、参考にしてみてください。

ノートペイン表示
ノートペイン表示

ノートペインの文字のフォントサイズを調整しても、ノートペインの文字のサイズは変わりません。

ノート表示モード画面
ノート表示モード画面

ノート表示画面にしてみると、ノートペインで編集したフォントサイズに変更されています。

ノートペインで編集してもノートペインには表示されないから、フォントのサイズ変更や編集はノート表示モードでしよう!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ズームしてノートの文字サイズを大きく表示する

ノート部分が小さくなっている場合は、ズームにしたりCtrlキーを押しながらスクロールします。

ズーム機能を活用する

ノートペインの文字サイズを調整するときはズームをクリックしてください。

リボンの表示
リボンの表示

ノートペイン内をクリックし、表示タブを開きます。

『ズーム』をクリックしましょう。

ダイアログボックスの表示
ダイアログボックスの表示

ダイアログボックスが表示されるので、標準の大きさにする場合は『100%』を選択して『OK』をクリックしてください。

ノートの文字のサイズが標準になります。

Ctrlキーを押しながらスクロールする

Ctrlキーを押しながらスクロールすると、画面を大きくしたり小さくすることができるので、一瞬だけサイズを調整するときに便利な機能です。

表示画面
表示画面

画面右下にあるズームスライダーは画面全体の大きさを変えられます。

画面全体ではなくノートだけサイズを調整したい場合は、ノートペイン内をクリックしCtrlキーを押しながらスクロールしてください。

ノートペイン内の大きさが変わります。

ノート表示モード画面
ノート表示モード画面

ノート表示モードだとCtrlキーを押しながらスクロールしたり、ズームで調整してもノートだけのサイズを調整することはできません。

ノート表示モード画面
ノート表示モード画面

ノート画面全体の大きさが変わります。

ノートの文字だけを大きくしたい場合はフォントを調整しましょう。

画面のサイズをウィンドウに合わせる

小さくなっているノート画面を1クリックで標準の大きさに戻すことができます。

リボンの表示
リボンの表示

ノート表示モードで画面全体の大きさが変わっているときは、表示タブの『ウィンドウに合わせる』をクリックすると標準のサイズに戻ります。

スライドショーでノートを見ながら発表するには

パワーポイントのスライドショーでノートを見ながら発表するには、発表者ツールを表示します。

リボンの表示
リボンの表示

モニターが2つ以上ある場合、手元のモニターを発表者ツールにすることができます。

スライドショータブを開き『発表者ツールを使用する』にチェックマークを入れてください。

手元のモニターが発表者ツールになります。

リボンの表示
リボンの表示

発表者ツールを表示するには、スライドショータブを開きスライドショーを開始してください。

スライドショー画面
スライドショー画面

スライドショーの『・・・』をクリックまたは、右クリックします。

スライドショー画面
スライドショー画面

『発表者ツールを表示』をクリックしてください。

発表者ツールの表示画面
発表者ツールの表示画面

発表者ツールが表示されます。

発表者ツールは発表者のモニターにだけ表示されるので、右下のノートを見ながら発表することができます。

発表者ツールの表示画面
発表者ツールの表示画面

文字が見にくいときは、『テキストの拡大/縮小』をクリックして文字サイズを調整しましょう。

発表者ツールの表示画面
発表者ツールの表示画面

ノートの文字サイズが変わります。

発表者ツールの表示画面
発表者ツールの表示画面

ノートを大きくしたいときはノートの線をドラッグしてください。

発表者ツールのノートのサイズが変わります。

スライドショーについては別記事でくわしく説明しているので、参考にしてみてください。

パワーポイントでノートや文字の大きさを変更するのはとても簡単!

パワーポイントでノートの大きさを変える方法はとても簡単です。

ポイントさえ押さえておけば、プレゼンテーションで焦ることはなくなり、堂々とノートを見ながら発表することができます。

パワーポイントでノートや文字のサイズを変更する簡単ポイントのおさらいです。

おさらい
  • 表示モードのノートのフォントサイズを調整し文字だけを大きくする
  • 表示タブを開き「ズーム」をクリックしノートペインのサイズを調整する
  • ノートペイン内または表示モードのノートをクリックしCtrlキーを押しながらスクロールする

プレゼンテーションで失敗がないように、ノートの大きさや文字のサイズを見やすく調整して、ノート機能をフルで活用して発表しましょう。

パワーポイントのノート機能の使い方についてはこちら≫【パワーポイント】ノート機能の使い方を初心者にもわかりやすく徹底解説!の記事でくわしく説明しています。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事