【Outlook】予定表に祝日を追加しよう!おすすめ設定(色分け)も解説

Outlook初心者

Outlookの予定表って、祝日は表示されないの?
祝日は会社が休みだから分かると助かるんだけどなぁ。

Dr.オフィス

祝日が分かった方が予定を管理しやすいよね!
やり方を解説するよ!

Outlookの初期状態では、祝日を手動で追加する必要があります。

今回は祝日の表示方法や、色分けして目立たせる方法などを解説します。

祝日を表示する簡単ステップ
  1. 【Alt→F→T】で「Outlookのオプション」をひらく
  2. 「予定表タブ」から「祝日の追加」をクリックする
  3. 国や地域を選んで「OK」
Dr.オフィス

事務職歴10年以上の私が、手順を分かりやすく解説するね!

簡単ステップのとおり、祝日の表示はたったの3手順なので今すぐやってみましょう。

予定表の使い方にまだ慣れていない人はこちら「≫【Outlook】予定表の使い方!オススメ設定や効率UPワザも紹介!」もぜひチェックしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Outlookのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

目次

Outlookの予定表に祝日を追加する手順

さっそく予定表に祝日を追加してみましょう。

ショートカットキー『Alt→F→T』
Alt→F→T

まずはキーボードをAltFTの順に押して「OUtlookのオプション」ダイアログボックスを開きます。

「祝日の追加」
「祝日の追加」

「Outlookのオプション」が開きました。

「予定表」タブをひらき、「祝日の追加」をクリックしましょう。

国を決める
国を決める

国を選んで「OK」をクリックします。

「OK」
「OK」

予定表に祝日が追加されました。

「OK」で閉じましょう。

色が同じ
色が同じ

確認してみると、祝日が追加されてはいるものの、通常の予定と色が同じなので分かりにくいかもしれません。

そこで次は祝日を色分けする方法を紹介します。

分類項目で祝日を色分けできる

祝日を見やすく色分けしてみましょう。

祝日をクリック
祝日をクリック

予定表を開き、どれでも良いので祝日をクリックします。

「すべての分類項目」
「すべての分類項目」

「予定表ツール」が表示されました。

「分類」をクリックして、「すべての分類項目」を選択しましょう。

「祝日」を「新規作成」する
「祝日」を「新規作成」する

「祝日(分類項目マスターにない)」を選択し、「新規作成」をクリックしましょう。

色を決める
色を決める

色を選択して「OK」ボタンをクリックします。

「OK」
「OK」

最後にもう一度「OK」ボタンで完了です。

予定と色分けできました
予定と色分けできました

するとすべての祝日が色分けされます。

祝日だけでなく「予定自体の色分け」もできるので、ぜひやってみてください。

一覧表示して祝日を削除する

祝日が重複して表示される場合などは、次の手順で一括削除しましょう。

「一覧」を選択
「一覧」を選択

予定表の表示タブから、「ビューの変更」→「一覧」の順にクリックします。

右クリックして「削除」
右クリックして「削除」

「分類項目」をクリックして折りたたみ、「祝日」を右クリックして「削除」します。

「OK」
「OK」

最後にメッセージ画面で「OK」で完了です。

削除した後は、祝日を追加する手順にそって追加し直しましょう。

祝日を追加してプライベートも充実!

今回は予定表の初期設定に欠かせない、「祝日の表示方法」を解説しました。

これでうっかり休みの日に、予定を入れてしまう心配が無くなりますね。

色分けまでしておくとさらに分かりやすいので、ぜひ設定しておきましょう。

最後に手順のおさらいです。

おさらい
  1. 【Alt→F→T】で「OUtlookのオプション」をひらく
  2. 「予定表タブ」から「祝日の追加」をクリックする
  3. 国や地域を選んで「OK」

祝日を表示して、プライベートも充実させましょう!

Outlookの予定表の総解説』もぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる