検索タブを開く『F3』または『Ctrl+E』または『Alt+Q』

Outlookの検索タブを開くショートカットキーを3つ紹介します。

検索タブを開くことができるショートカットキーはF3になります。

そして、ショートカットキーCtrl+EAlt+Qになります。

どれでも検索タブを開くことができるので、覚えやすい方法を使ってください。

Outlookのショートカットキー

F3: エフ3

Ctrl+E: コントロール + イー

Alt+Q: オルト + キュー

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Outlookのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

目次

検索タブを開く操作

ショートカットキー『F3』
ショートカットキー『F3』

Outlookの検索タブを開くにはショートカットキーF3を押しましょう。

検索ボックス
検索ボックス

検索窓にカーソルが表示されます。

検索タブ
検索タブ

例えばリボンに表示された『現在のフォルダー』をクリックしてみましょう。

『検索タブ』が表示されていることが分かります。

検索タブが消える
検索タブが消える

この検索タブは、違うタブやリボン以外をクリックすると表示されなくなります。

同じようにショートカットキーCtrl+EAlt+Qも検索タブを表示することができます。

覚えやすいショートカットキーを使ってみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる