楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Alt+←】【Alt+→】

1 min 369 views

ショートカットキーAlt+で前のフォルダーを表示し、ショートカットキーAlt+で次のフォルダーを表示をすることができます。

Windows10のショートカットキー

【Alt+←】: オルト + 左矢印

【Alt+→】: オルト + 右矢印

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

前のフォルダーと次のフォルダーを表示する

ショートカットキーを使って、前のフォルダーと次のフォルダーを表示してみましょう。

ショートカットキーWindows+Eでエクスプローラを起動し、任意のフォルダーを開きます。

ここでは、下記のフォルダーの場所から作業を進めます。

現在開いているフォルダーと場所の確認
現在開いているフォルダーと場所の確認
  • C:\Users\ユーザー名\Documents\test\aaa
ショートカットキー【Alt+←】
ショートカットキー【Alt+←】

前のフォルダーを表示するには、Alt+を押します。

同時に押さなくてもゆっくり順番に押しながら、必ず2つのキーを押すようにしてください。

前のフォルダーを表示
前のフォルダーを表示

『aaa』フォルダーの前に表示していた、『test』フォルダーを表示することができました。

このように、前のフォルダーを表示することができます。

続いて、ショートカットキーを使って、次のフォルダーを表示してみましょう。

開いているフォルダーは、そのままで構いません。
(ここでは、『test』フォルダーを開いている状態)

ショートカットキー【Alt+→】
ショートカットキー【Alt+→】

次のフォルダーを表示するには、Alt+を押します。

同時に押さなくてもゆっくり順番に押しながら、必ず2つのキーを押すようにしてください。

次のフォルダーを表示
次のフォルダーを表示

『test』フォルダーの次に表示されていた『aaa』フォルダーが表示されましたね。

このように、次のフォルダーを表示することができます。

『前のフォルダー表示は、履歴を1つ戻る』、『次のフォルダー表示は、履歴を1つ進める』と考えると分かりやすくなるよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

親フォルダー(1階層上)に移動するショートカットキーAlt+については、こちら≫【Alt+↑】で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事