楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Windows10】カレンダーに祝日を表示する方法!休日を好きな色に設定しよう

3 min 3,192 views
windows初心者

windows初心者

Windows10のカレンダーは、祝日は表示できないの?個人的には、祝日表示があったほうが使いやすいのだけど。。。

もちろんできるよ。カレンダーに祝日を表示する方法は簡単だから、これから解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、Windows10の『カレンダー』アプリに祝日を表示する方法を解説します。

Windows10の『カレンダー』アプリは、初期設定のままだと祝日が追加されていません。

カレンダーを見て、日曜日以外の一般的な休日を把握できるのは、明示的に祝日が表示されているからですよね。

この記事を読むと、カレンダーに祝日と色を設定する方法を理解することができますよ。

【Windows10】カレンダーに日本の祝日を追加する簡単ステップ
  1. タスクバーの[スタートメニュー]を選択し、アプリ一覧から『カレンダー』を選択
  2. カレンダーの画面左下の[カレンダーの追加]を選択
  3. 『休日カレンダー』の国名一覧から、[日本]を選択

PCサポート歴10年以上の私が、カレンダーに祝日を表示したり、祝日の文字色を設定する方法を分かりやすく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

Windows10の『カレンダー』アプリは、表示される国名一覧から任意の国を選択すると、選択した国の祝日を追加することができます。

また、祝日に好きな色を設定し、カレンダーを見やすくできます。

カレンダーで予定を確認したり、共有したりする際に、曜日の他に休日が表示されている方が、全体を把握しやすくなります。

カレンダーに祝日を追加して、見やすくしてみましょう。

Windows10の『カレンダー』アプリの概要については、こちら≫【Windows10】カレンダーアプリを設定しよう!スケジュール管理したい方必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

【Windows10】カレンダーに祝日を表示してみよう

カレンダーに祝日が表示されていると、『休み』を直感的に確認できますよね。

『祝日=休み』ではない場合も多々あるかと思いますが、『祝日=一般的な休日』という判断はできます。

ここでは、祝日の表示、非表示の方法と、祝日の色を設定する方法について、順番に見ていきましょう。

祝日を表示する

Windows10の『カレンダー』は、各国の祝日を追加することができます。

ここでは、『日本の祝日』を例に解説します。

それでは、タスクバーの[スタートメニュー]を選択し、アプリ一覧から『カレンダー』を起動しましょう。

画面左下の[カレンダーの追加]を選択
画面左下の[カレンダーの追加]を選択

カレンダーを起動し、画面左下の[カレンダーの追加]を選択します。

『追加したい祝日』の国名を選択
『追加したい祝日』の国名を選択

『休日カレンダー』に各国の国名が表示されたら、①[日本]を選択し、内側のウィンドウの、②[×]で閉じましょう。

カレンダーに祝日が表示される
カレンダーに祝日が表示される

カレンダー左側に、『休日カレンダー』で選択した、①国名(日本)が表示されていることを確認しましょう。

カレンダーに、②『日本の祝日』が追加されましたね。

タスクバーのカレンダーにも連動する
タスクバーのカレンダーにも連動する

また、『カレンダー』アプリに祝日を追加すると、タスクバーのカレンダーにも連動して表示されます。

ただし、対象の日付を選択しないと祝日は表示されないので、カレンダーを見ただけでは、分かりにくいですね。

カレンダーに日本と米国の祝日を表示
カレンダーに日本と米国の祝日を表示

日本以外の国の祝日を追加すると、上記画像のように表示されます。

日本語で外国の祝日が表示されるので、ちょっとした豆知識にもなりますね。

祝日を非表示にする

表示されている国名のチェックを外す
表示されている国名のチェックを外す

追加した祝日を一時的に非表示にするには、カレンダーの左側に表示されているチェック外しましょう。

[予定表の削除]でカレンダーから祝日を削除
[予定表の削除]でカレンダーから祝日を削除

追加した祝日を削除するには、①[∨]を選択し、②[予定表の削除]を選択します。

[続行]を選択
[続行]を選択

『予定表を削除しますか?』のポップアップが表示されたら、[続行]を選択しましょう。

カレンダーから祝日が削除された
カレンダーから祝日が削除された

カレンダーから『日本の祝日』が削除されましたね。

祝日の色を設定する

カレンダーに追加した祝日は、好きな色を設定することができます。

祝日の文字色にしたい色を選択
祝日の文字色にしたい色を選択

国名の右側に表示されている①[∨]を選択すると、②設定できる『色』が表示されるので、任意の色を選択します。

設定後は、カレンダーに表示されている、祝日の文字色に反映されたことを確認しましょう。

日本と米国に違う色を設定
日本と米国に違う色を設定

複数の国の祝日を追加する場合は、国ごとに色を変更できるので便利ですよ。

国名のチェックボックスに設定した色が反映されるから、どの色を設定したのか、すぐ分かるね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

カレンダーの祝日や休日の表示非表示はとても簡単!

今回は、Windows10の『カレンダー』アプリに祝日を表示す方法を解説しました。

日本に限らず、外国の祝日までも簡単に追加することができましたね。

日付と曜日を表示しているだけのカレンダーでも使えなくはないですが、祝日を把握できた方が、予定を立てたり、スケジュールを見ながら会話したりする場合に、便利です。

また、祝日の色も自由に設定することが出来るので、自分好みの表示にしてみましょう。

最後に、Windows10のカレンダーに日本の祝日を追加する簡単ステップについて、おさらいします。

おさらい
  1. タスクバーの[スタートメニュー]を選択し、アプリ一覧から『カレンダー』を選択
  2. カレンダーの画面左下の[カレンダーの追加]を選択
  3. 『休日カレンダー』の国名一覧から、[日本]を選択

カレンダーに、家族や友人が滞在している国の、祝日を追加してみるのもいいですね。

Windows10の『カレンダー』アプリの概要については、こちら≫【Windows10】カレンダーアプリを設定しよう!スケジュール管理したい方必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事