楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Windows10】ユーザーの追加方法を解説!PCを共有する人数分だけ作成しよう

4 min 626 views
windows初心者

windows初心者

Windows10のユーザーを追加する方法が知りたいな。家族で使っているPCがあるのだけど、1ユーザーだと使い勝手が悪くて。

そうだね、家族や複数人で同じPCを使用している場合は、人数分だけユーザーを追加したほうがいいね。追加方法は簡単だから、これから解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、Windows10のユーザーを追加する方法を解説します。

この記事を読むと、『Microsoftアカウント』と『ローカルアカウント』の、それぞれのユーザーの追加方法が理解できますよ。

【Windows10】ユーザーを追加するポイント
  • ユーザーを追加するには、『管理者』権限が必要
  • 『Microsoftアカウント』と『ローカルアカウント』では、追加方法が異なる
  • 追加直後のユーザーの権限は、『標準ユーザー』となる

PCサポート歴10年以上の私が、Windows10のユーザー追加について詳しく解説するよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

1つのユーザーを複数人で共有するよりは、個別にユーザーを所有するほうが便利で管理上安全です。

ユーザーに見合ったアカウントの種類や権限を設定してみましょう。

Windows10のユーザーの概要については、こちら≫【Windows10】ユーザーとアカウントをもう1度見直してみよう!初心者は必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

【Windows10】ユーザーを追加する方法

Windowsのユーザーの追加は、『管理者』権限のユーザーのみ可能です。

まずは、現在ログインしているユーザーの権限を確認しておきましょう。

ユーザーの権限を確認する方法については、こちら≫【Windows10】ユーザー名を確認するには?種類や権限も同時にチェック!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、ユーザーを追加する際、用途によりアカウントの種類と追加方法が異なります。

ユーザー追加の前には、『Microsoftアカウント』と『ローカルアカウント』のどちらの種類を追加するのか決めておきましょう。

それでは、下記の順番で解説していきます。

  • 『Microsoftアカウント』のユーザーを追加してみよう
  • 『ローカルアカウント』のユーザーを追加してみよう

ユーザーアカウントの種類については、こちら≫【Windows10】ユーザーアカウントの種類は2つで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

『Microsoftアカウント』のユーザーを追加してみよう

ここでの『Microsoftアカウント』のユーザーを追加する方法は、『Microsoftアカウント』が登録済みであること、インターネット環境があることを前提として解説します。

ユーザーの追加は、登録済みの『Microsoftアカウント』を使用PCに登録するというイメージです。

『Microsoftアカウント』が未登録の場合には、登録に必要な項目を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

入力項目説明
姓名通常は本名を入力するが、書類などの確認はない
ユーザー名既存のメールアドレスを入力するか、新規にMicrosoftのメールアドレスを作成する
パスワードアルファベットと数字を組み合わせて8文字以上で設定する
国/地域日本国内の場合はデフォルトの『日本』のままにしておく
生年月日生年月日を設定する
性別男、女、未設定から1つを選択
国コードデフォルトの『日本(+81)』のままにしておく
電話番号入力必須。Microsoftからの確認電話(自動通話)がかかる場合あり
連絡用メールアドレスセキュリティ情報が配信されるため受信できるメールアドレスを入力

それでは、使用PCにユーザーを追加します。

[Windowsの設定]画面にて設定
[Windowsの設定]画面にて設定

ショートカットキー[Windowsキー]+[I(アイ)]で[Windowsの設定]画面を開き、②[アカウント]を選択します。

[家族とその他のユーザー]にて設定
[家族とその他のユーザー]にて設定

次に、①[家族とその他のユーザー]、②[その他のユーザーをこのPCに追加]を選択します。

『Microsoftアカウント』を入力
『Microsoftアカウント』を入力

『このユーザーはどのようにサインインしますか?』の画面が表示されたら、追加するユーザーの①[『Microsoftアカウント(メールアドレス)』]を入力し、②[次へ]を選択しましょう。

『Microsoftアカウント』を入力後
『Microsoftアカウント』を入力後

『準備が整いました』と表示が出たら、[完了]を選択します。

それでは、[家族とその他のユーザー]画面でユーザーが追加されているか確認してみましょう。

追加したユーザー名の確認
追加したユーザー名の確認

ショートカットキー[Windowsキー]+[I(アイ)]→[アカウント]→[家族とその他のユーザー]の順番に選択すると、今回新たに追加したユーザー名が確認できますね。

権限の変更
権限の変更

ここで、追加したユーザーの権限を『標準ユーザー』から『管理者』に変更する場合には、①追加したユーザー名を選択し、②[アカウントの種類]変更を選択します。

任意の権限を選択
任意の権限を選択

アカウントの種類を①[管理者]に変更し、②[OK]を選択しましょう。

権限が変更されたことを確認
権限が変更されたことを確認

これでユーザー作成と権限の設定が完了しました。

しかし、これではまだこのユーザーは仮登録状態となるので、追加したユーザーで使用PCにログインする必要があります。

追加したユーザーで問題なくログインができれば、これでユーザーの追加が完了です。

追加したユーザーでログインするには、画面左下の[Windowsマーク]から『アカウントのアイコン』を選択し、ユーザー一覧から追加ユーザーを選択するとログイン画面に切り替わるよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

『ローカルアカウント』のユーザーを追加してみよう

『ローカルアカウント』のユーザーを追加する場合、使用するPCで作成する必要があります。

理由は、そのPC固有のアカウントであり、そのPCでしか使用できないからです。

それでは、使用PCにユーザーを追加します。

[Windowsの設定]画面にて設定
[Windowsの設定]画面にて設定

ショートカットキー[Windowsキー]+[I(アイ)]で[Windowsの設定]画面を開き、②[アカウント]を選択します。

[家族とその他のユーザー]にて設定
[家族とその他のユーザー]にて設定

次に、①[家族とその他のユーザー]、②[その他のユーザーをこのPCに追加]を選択します。

追加するユーザーの確認
追加するユーザーの確認

インターネットに接続している場合は『このユーザーはどのようにサインインしますか?』の画面が表示されます。

[このユーザーのサインイン情報はありません]を選択しましょう。

インターネットに未接続の場合は、2つ先の画像『このPCのユーザーを作成します』に進んでください。

ローカルアカウントの選択
ローカルアカウントの選択

『アカウントの作成』の画面では、[Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する]を選択しましょう。

追加するユーザーの情報を入力
追加するユーザーの情報を入力

『このPCのユーザーを作成します』の画面が表示されたら、追加したいユーザーの情報を入力し、[次へ]を選択します。

追加したユーザー名の確認
追加したユーザー名の確認

[家族とその他のユーザー]の画面が表示され、今回追加したユーザー名が表示されているのが確認できますね。

『ローカルアカウント』のユーザーの追加の場合は、これで完了です。

最後に、追加したユーザーでログインできることを確認しておきましょう。

『ローカルアカウント』のユーザーを追加する場合は、インターネット未接続でも作業は可能だよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

PCの使用人数分のユーザーを追加しよう

今回は、Windows10のユーザーを追加する方法を解説しました。

PCを共有する際、使いやすさ、管理のしやすさ、セキュリティの強化という面でも、人数分のユーザーを追加することをおすすめします。

また、プライベートと仕事のユーザーを使い分けたりすると、それぞれの環境を使えて、気持ちの切り替えもできるのでとても便利ですよ。

最後に、Windows10のユーザーの追加のポイントについて、おさらいします。

おさらい
  • ユーザーを追加するには、『管理者』権限が必要
  • 『Microsoftアカウント』と『ローカルアカウント』とでは、追加方法が異なる
  • 追加直後のユーザーの権限は、『標準ユーザー』となる

さっそく自宅PCでユーザー追加をしてみようと思ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Windows10のユーザーの概要については、こちら≫【Windows10】ユーザーとアカウントをもう1度見直してみよう!初心者は必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WindowsドクターがおすすめするWindows本

関連記事