楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Windows10】システム修復ディスクの作成方法!PCが起動しない時はどうする?

4 min 247 views
windows初心者

windows初心者

Windows10でシステム修復ディスクを作成する方法を知りたいな。でも、私に作成できるか心配だけど。。。

システム修復ディスクの作成は簡単だよ。もしもの時に準備しておくと便利だから、これから作成方法を解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、Windows10でシステム修復ディスクを作成する方法について、解説します。

突然、Windows10が起動しなくなったら、とても焦りますよね。

そのような時は、システム修復ディスクを使用すると、起動時のトラブルを修復できる場合があります。

この記事を読むと、システム修復ディスクを作成する方法について、理解することができますよ。

【Windows10】システム修復ディスクを作成する簡単ステップ
  1. ショートカットキーWindows+IでWindowsの設定画面を開き、[更新とセキュリティ]を選択
  2. [バックアップ]-[バックアップと復元]に移動(Windows7)を選択
  3. 『バックアップと復元(Windows 7)』の画面で、[システム修復ディスクの作成]を選択
  4. システム修復ディスクを作成するPCで、対応している記録媒体(CD、DVD、Blu-ray)を挿入し、[ディスクの作成]を選択

※管理者アカウント、または管理者パスワードが必要になります。

PCサポート歴10年以上の私が、システム修復ディスクを作成する方法について、分かりやすく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

システム修復ディスクは、PCのOSのシステム不具合を修復したり、書き換えたりして問題を解決するためのツールです。

システム修復ディスクは、CD、DVD、Blu-rayなどで作成することができます。

もしもの時のために備えて、システム修復ディスクを作成しておきましょう。

Windows10のディスクの概要については、こちら≫【Windows10】ディスク使用率100%って何?対処方法を伝授!初心者必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

【Windows10】システム修復ディスクを作成しよう

システム修復ディスクとは、Windows10が正常に起動しなくなった時に、トラブルシューティングを行うことができるツールです。

システム修復ディスクを使用することで、破損したWindowsのシステムを修復し、正常な状態に戻せる可能性があります。

ここでは、システム修復ディスクの作成方法とリカバリディスク(回復ドライブ)との違いについて、解説します。

システム修復ディスクの作成方法

システム修復ディスクを作成するには、管理者アカウントでサインインするか、または管理者パスワードを事前に確認しておきましょう。

[更新とセキュリティ]を選択
[更新とセキュリティ]を選択
  1. ショートカットキーWindows+IでWindowsの設定画面を開く
  2. [更新とセキュリティ]を選択
[バックアップと復元]に移動(Windows7)を選択
[バックアップと復元]に移動(Windows7)を選択
  1. [バックアップ]を選択
  2. [バックアップと復元]に移動(Windows7)を選択
『システム修復ディスクの作成』を選択
『システム修復ディスクの作成』を選択

『バックアップと復元(Windows 7)』の画面が表示されたら、[システム修復ディスクの作成]を選択します。

ディスクドライブを内蔵していないPCの場合は、外付けのディスクドライブを接続し、[システム修復ディスクの作成]を選択しましょう。

『システム修復ディスクの作成』画面
『システム修復ディスクの作成』画面

『システム修復ディスクの作成』の画面が表示されたら、①記録媒体(CD、DVD、Blu-ray)を挿入し、②[ディスクの作成]を選択します。

『システム修復ディスク』の作成が開始される
『システム修復ディスク』の作成が開始される

システム修復ディスクの作成が開始するので、そのまましばらく待ちます。

ディスク情報の確認
ディスク情報の確認

『システム修復ディスクを使用』の画面が表示されたら、[閉じる]を選択しましょう。

『システム修復ディスク』の完成
『システム修復ディスク』の完成

『システム修復ディスクが完成しました』と表示されたら、[OK]を選択します。

エクスプローラで『システム修復ディスク』を確認
エクスプローラで『システム修復ディスク』を確認

ここでは、DVDを使用して『システム修復ディスク』を作成しました。

ドライブから取り出す前にエクスプローラで確認すると、『修復ディスク Windows 10 64 ビット』という名前で、作成されていることが確認できますね。

このように、システム修復ディスクを作成することができます。

システム修復ディスクの作成中にPCからサインアウトすると、使用中のドライブがロックされ、ディスクを取り出せなくなるので注意しましょう。

システム修復ディスクとリカバリディスク(回復ドライブ)の違い

システム修復ディスクとリカバリディスク(回復ドライブ)の違いを表にまとめてみました。

名称    説明使用する記録媒体        
システム修復ディスクWindowsが起動しなくなった時にOSを修復して起動できるようにするディスク・CD
・DVD
・Blu-ray
リカバリディスク(回復ドライブ)PCを初期状態に戻すために使用するディスクUSBメモリ
(容量16GB以上のもの)

システム修復ディスクと回復ドライブは、特に間違えやすいから、正しく認識しておこうね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

システム修復ディスクはあらかじめ作成しておこう!

今回は、Windows10でシステム修復ディスクを作成する方法について、解説しました。

システム修復ディスクは、CD、DVD、Blu-rayなどの記録媒体に簡単に作成することができましたね。

突然、Windows10が起動しなくなってしまったら、焦らずにはいられません。

ですが、『システム修復ディスク』を使用することで、破損したシステムを修復し、正常な状態に戻せる可能性があります。

そのためには、あらかじめ『システム修復ディスク』を作成しておきましょう。

また、『システム修復ディスク』、『リカバリーディスク』、『ディスクイメージ』など、それぞれの用途を理解し、混同しないように覚えおくことが重要です。

最後に、Windows10でシステム修復ディスクを作成する方法について、おさらいします。

おさらい
  1. ショートカットキーWindows+IでWindowsの設定画面を開き、[更新とセキュリティ]を選択
  2. [バックアップ]-[バックアップと復元]に移動(Windows7)を選択
  3. 『バックアップと復元(Windows 7)』の画面で、[システム修復ディスクの作成]を選択
  4. システム修復ディスクを作成するPCで、対応している記録媒体(CD、DVD、Blu-ray)を挿入し、[ディスクの作成]を選択

※管理者アカウント、または管理者パスワードが必要になります。

Windows10が起動しなくなった時には、まずシステム修復ディスクで、システム修復を試してみることをおすすめします。

Windows10のディスクの概要については、こちら≫【Windows10】ディスク使用率100%って何?対処方法を伝授!初心者必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事