楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Windows10】新規ユーザーに既存ユーザーのデータを移行する方法!

3 min 9,493 views
windows初心者

windows初心者

Windows10のユーザーデータは移行して使えるのかな?
以前使っていたユーザーアカウントのドキュメントファイルや画像ファイル、テキストファイルなどを新しいユーザーアカウントにそのまま引継ぎたいけど、そんなことできるのかな?

もちろんできるよ。ユーザーデータの移行は簡単だから、これから解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、Windows10のユーザーデータの移行について、解説します。

新規ユーザーを作成して、既存ユーザーのデータを利用したい場合には、必要なデータなどを無駄なく移行させたいですよね。

この記事を読むと、必要なユーザーデータの移行が簡単にできるようになりますよ。

【Windows10】ユーザーデータを移行する簡単ステップ

【同じPC内でユーザーデータ移行をする場合】

  1. 管理者権限のユーザーでサインイン
  2. 移行元、移行先それぞれのユーザーフォルダーを開く
  3. 移行元のユーザーフォルダーで移行するフォルダーをコピー
  4. コピーしたフォルダーを移行先ユーザーフォルダーに貼り付け

※別のPCにユーザーデータを移行する場合は、USBメモリーなどの記憶装置に移行元のデータをコピーして、移行先ユーザーフォルダーにー貼り付けます。

PCサポート歴10年以上の私が、Windows10のユーザーデータの移行について、分かりやすく解説するよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

1番手軽なユーザーデータの移行方法は、特別なツールを準備する必要もなく、とても簡単です。

ユーザーデータを移行して作業を進める方が早いと判断できる場合は、積極的に移行してみましょう。

Windows10のユーザーの概要については、こちら≫【Windows10】ユーザーとアカウントをもう1度見直してみよう!初心者は必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

【Windows10】ユーザーのデータを移行する方法

ユーザーデータの移行をする場合は、管理者権限が必要です。

管理者権限のユーザーでサインインしていない場合は、ユーザーを切り替えておきましょう。

ユーザーを切り替える方法は、『【Windows10】ユーザーの切り替え方法を解説!アプリを終了しなくてもサインインできる』で詳しく解説しています。

移行元、移行先となるフォルダーは、『ユーザーフォルダー』になります。

『ユーザーフォルダー』の場所は、下記の通りです。

  • C:\Users\ユーザー名
     (ユーザー名は、実際のユーザー名に置き換える)

このユーザーフォルダー配下には、下記のようなフォルダーが初期設定で保存されているので、確認しておきましょう。

  • お気に入り   
  • ドキュメント
  • ダウンロード
  • デスクトップ
    など

ユーザーフォルダー配下のフォルダーの説明については、『【Windows10】ユーザープロファイルとは』で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

それでは、移行元ユーザーを『ikou-moto』、移行先のユーザー『ikou-saki』として、ユーザーフォルダーをそれぞれ開きます。

Cドライブの『ユーザー』を選択
Cドライブの『ユーザー』を選択

ショートカットキー[Windowsキー]+[E]でエクスプローラーを開き、②[Windows(C:)]を選択し、③[ユーザー]選択しましょう。

移行元のユーザーフォルダーを選択
移行元のユーザーフォルダーを選択

移行元フォルダー『ikou-moto』を選択します。

移行先のユーザーフォルダーを選択
移行先のユーザーフォルダーを選択

もう1つエクスプローラーを開き、移行元フォルダー選択時と同様に、移行先フォルダー『ikou-saki』を選択します。

[続行]を選択
[続行]を選択

ユーザーアカウント制御(UAC)が機能しますが、それぞれ[続行]を選択しましょう。

ユーザーアカウント制御(UAC)については、『【Windows10】ユーザーアカウント制御(UAC)とは?初心者にも分かりやすく解説』で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

移行元、移行先のユーザーフォルダー
移行元、移行先のユーザーフォルダー

左側が移行元、右側が移行先のユーザーフォルダーです。

移行対象フォルダーをコピー
移行対象フォルダーをコピー

移行元の『ikou-moto』で移行したいフォルダーを選択し、コピーします。

コピーしたフォルダーを、移行先の『ikou-saki』に貼り付けましょう。

移行先のユーザーフォルダーに貼り付け
移行先のユーザーフォルダーに貼り付け

貼り付けの際は、移行先の『ikou-saki』フォルダー内の何もないところで、①[右クリック]-②[貼り付け]を選択します。

既存フォルダーを選択してしまうと、そのフォルダー配下に貼り付けてしまうので、注意しましょう。

[ファイルを置き換える]を選択
[ファイルを置き換える]を選択

上記のようなメッセージが表示されたら、[ファイルを置き換える]を選択します。

これで、移行元から移行先へのユーザーデータ移行は完了です。

移行先のユーザーでログインし、データが問題ないことを確認しましょう。

ユーザーデータの移行では、メールなどの各アプリケーションのデータは移行されないよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ユーザーフォルダーのデータ移行は簡単にできる

今回は、Windows10のユーザーデータの移行について解説しました。

ユーザーデータの移行は、PCの環境を全て移行する場合と違って、フォルダーのコピー&ペーストで完了するので、とても簡単です。

ユーザーアカウントとしては不要でも、利用できるデータがある場合は、移行しておきたいですね。

最後に、Windows10のユーザーデータを移行する簡単ステップを、おさらいします。

おさらい

【同じPC内でユーザーデータ移行をする場合】

  1. 管理者権限のユーザーでサインイン
  2. 移行元、移行先それぞれのユーザーフォルダーを開く
  3. 移行元のユーザーフォルダーで移行するフォルダーをコピー
  4. コピーしたフォルダーを移行先ユーザーフォルダーに貼り付け

※別のPCにユーザーデータを移行する場合は、USBメモリーなどの記憶装置に移行元のデータをコピーして、移行先ユーザーフォルダーにー貼り付けます。

手軽にユーザーデータを移行したい時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Windows10のユーザーの概要については、こちら≫【Windows10】ユーザーとアカウントをもう1度見直してみよう!初心者は必見で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WindowsドクターがおすすめするWindows本

関連記事