Outlookでハイパーリンクを使おう!スムーズに情報共有できる機能を解説

Outlook初心者

Outlookのハイパーリンクってどうやるのかな?
本文を読みながらページ移動できたら便利だよね!

Dr.オフィス

ハイパーリンクはURLを好きな文字列に設定できるから、相手にも分かりやすいね!
基本から便利技まで解説するよ!

Outlookのハイパーリンクについて、設定の仕方やよくあるトラブル(できない、リンクが開けない)などについてまとめました。

本文を読めばひと通りの操作をマスターできるので、ぜひ読み進めてみてください。

ハイパーリンクを設定する簡単ステップ
  1. 文字列を選択し、「挿入」タブから「リンク」をクリック
  2. 「アドレス」の欄にURLを貼り付けて「OK」ボタンをクリック

Ctrlを押しながらリンクをクリックすると、移動先を確認できます。

Dr.オフィス

Outlookのハイパーリンクについて、事務職を10年以上経験した私のお気に入り機能を紹介するね!スムーズに情報共有できるので、とても便利だよ!

簡単ステップのとおり、設定方法はとてもシンプルになっているので、Outlook初心者でも安心です。

またOutlookでは「署名」にハイパーリンクを設定すると、挿入時に自動でリンクになり便利です。

署名の基本や応用はこちら「≫Outlookで署名を設定しよう!初心者でも簡単にマスターできる!」で解説しています。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Outlookのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

目次

Outlookでハイパーリンクを設定する方法

書式設定
書式設定

まずはメッセージの作成画面を開き、「書式設定」をクリックします。

Aa HTMLを選択
Aa HTMLを選択

「Aa HTML」の形式を選択しましょう。

Dr.オフィス

ほかの形式を選ぶと、相手がリンクを開けなくなる可能性があるよ!

挿入タブ→「リンク」
挿入タブ→「リンク」

ハイパーリンクにしたい文字列を選択し、「挿入」タブから「リンク」をクリックします。

アドレスを貼り付けて「OK」
アドレスを貼り付けて「OK」

「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスが開きました。「アドレス」の欄にURLを貼り付けて「OK」をクリックして完了です。

ハイパーリンクの完成
ハイパーリンクの完成

文字が青色に変わり、下線が引かれました。Ctrlキーを押しながらクリックすると、リンク先を確認できます。

ハイパーリンクの色を変える方法

色の変え方
色の変え方

ハイパーリンクを選択し、メッセージタブからフォントの色を選びましょう。

色を変えられました
色を変えられました

文字色を変更できました。

ハイパーリンクの下線を消す方法

下線の消し方
下線の消し方

ハイパーリンクを選択し、メッセージタブから下線ボタンをクリックします。

もしくはキーボードでCtrlを押しながらUを押します。

下線なし
下線なし

下線が消えました。同じ操作で再表示できます。

ハイパーリンクのショートカットキー

【Ctrl+K】
【Ctrl+K】

ハイパーリンクにしたい文字列を選択した状態で、Ctrlキーを押しながらKを押しましょう。

するとハイパーリンクの挿入画面にジャンプできるので、通常どおり設定してください。

Dr.オフィス

ワードやエクセルにも使えるよ!

ハイパーリンクを解除する方法

解除する方法
解除する方法

解除したいハイパーリンクの文字列を選択して右クリックします。

「ハイパーリンクの削除」を選択
「ハイパーリンクの削除」を選択

右クリックメニューから「ハイパーリンクの削除」を選んで完了です。

下線が残る
下線が残る

ハイパーリンクを解除できました。

下線の消し方はこちら「≫ハイパーリンクの下線を消す方法」で解説しています。

Outlookのハイパーリンクができないときは

ハイパーリンクにできない時は、まずメール形式が「Aa HTML」になっているか確認してみましょう。

メール形式の変更はこちら「≫Outlookでハイパーリンクを設定する方法」をよんでください。

画面上部を確認
画面上部を確認

メッセージ作成画面に(HTML形式)と表示されていれば大丈夫です。

「リッチテキスト形式」では、相手側がOutlook以外のメールアプリを使っている場合に、リンク先が表示されない場合があるようです。

こちら「≫【Outlook】ハイパーリンクができない?メール形式を見直してスッキリ解決!」では、返信メールにハイパーリンクができない場合なども含めて解説します。

ハイパーリンクが開けないときは

リンク先が開けない時は、既定のブラウザーをInternet Explorerに変更すると解決することがあるようです。

以下はブラウザーを変更するおおまかな手順です。

既定のブラウザーの変更
  1. コントロールパネルから「インターネットオプション」を開く
  2. 「詳細設定」でInternet Explorerの設定をリセットする
  3. 再び「インターネットオプション」に戻り、「プログラム」タブからInternet Explorerを既定のブラウザーに設定する
  4. 「既定のアプリ」画面が開くので、Internet Explorerを選択して完了

詳しい手順や確認したい項目についてはこちら「≫【Outlook】ハイパーリンクが開けない?原因と対処法を厳選解説!」で解説しています。

フォルダやファイルのパスをハイパーリンクにする方法

フォルダやファイルも、パスを貼り付ければハイパーリンクにできます。

エクスプローラーからパスをコピーする手順は2種類あります。

パスのコピー方法
  1. フォルダを選択し、【Shift+右クリック】→「パスのコピー」をクリックする
  2. フォルダを選択して、ホームタブの「パスのコピー」をクリックする(※Windows8以降のみ可能)

詳しい手順や貼り付けるときの注意点はこちら「≫【Outlook】ハイパーリンクにフォルダのパスを設定しよう!重要ポイントも詳しく解説!」で解説しています。

ハイパーリンクはメールの形式に注意しよう!

今回はOutlookでの情報共有に便利な、ハイパーリンクについて解説しました。

できないときはメールの形式やアドレス、パスなどに間違いがないかを確認してみましょう。

最後にハイパーリンクの設定方法をおさらいします。

おさらい
  1. 文字列を選択し、「挿入」タブから「リンク」をクリック
  2. 「アドレス」の欄にURLを貼り付けて「OK」ボタンをクリック

ショートカットキーは【Ctrl+K】です。

ハイパーリンクを使いこなして、快適な情報共有をしましょう!

またOutlookでは「署名」を設定すると、名刺代わりに使えて相手にわかりやすいです。

こちら「≫Outlookで署名を設定しよう!初心者でも簡単にマスターできる!」もぜひ読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる