【Outlook】迷惑メールのフィルターとは?トラブルを回避する便利機能を解説!

Outlook初心者

Outlookはメールのフィルターを変更できるのかな?
いつの間にか、必要なメールまで振り分けられてて困りました。

Dr.オフィス

大事なメールがフィルタリングされたら一大事だね!
フィルターの設定方法や処理レベルについて解説するよ!

Outlookがアップデートするように、迷惑メールも巧妙になる一方でお困りの人も多いでしょう。

今回の解説を読めばメール整理の精度を上げ、本当に必要なぶんだけを受信できるようになります。

フィルターを設定する簡単ステップ
  1. ホームタブから「迷惑メール」→「迷惑メールのオプション」の順にクリックする
  2. 設定するフィルターを選んで「OK」をクリックする
Dr.オフィス

10年以上事務職を経験した私が、早目に知ってもらいたい機能の一つだよ!

簡単ステップの通り、設定はすぐに終わるので各フィルターの特徴や、自分に合ったフィルターはどれなのかを考えながら読み進めてみてください。

フィルターの設定はバッチリ!という人はこちら「≫【Outlook】「仕分けルールの処理を中止する」とは?役割や使い方を徹底解説!」で通常メールの振り分けトラブル対策もしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Outlookのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

目次

Outlookで迷惑メールのフィルターを設定する方法

迷惑メールのフィルターを設定する場合は以下の手順でおこないます。

「迷惑メールのオプション」を開く手順
「迷惑メールのオプション」を開く手順

ホームタブから「迷惑メール」→「迷惑メールのオプション」の順にクリックしましょう。

チェックを入れて「OK」
チェックを入れて「OK」

「迷惑メールのオプション」のダイアログボックスが開きました。

好きなフィルターにチェックを入れて「OK」をクリックするだけで設定を変更できます。

それでは次に、肝心なフィルターの意味や使い方を見ていきましょう。

迷惑メールのフィルターの種類

4つのフィルター
4つのフィルター
  • [自動処理なし]
  • [低]
  • [高]
  • [セーフリスト]のみ

フィルターの処理レベルは以上の4つです。順番に意味や使い方を解説します。

[自動処理なし]

Outlookではデフォルトで[自動処理なし]に設定されています。

[自動処理なし]を選択すると、「受信拒否リスト]に登録している差出人からのメールのみを、迷惑メールフォルダへ振り分けます。

なので[受信拒否リスト]に登録していなければ、迷惑メールは通常の受信トレイに残ったままということになります。

受信拒否リストに登録する方法はこちら「≫Outlookで迷惑メールを設定しよう!クリックだけで簡単にできる!」で解説しています。

[低]

[低]は、きわめて迷惑メールである可能性が高いメールのみをフィルタリングします。

この[低]と、受信拒否リストの両方を活用するのも良いでしょう。

[高]

[高]ではほとんどの迷惑メールが処理されますが、最初のうちは精度が低いので通常のメールも処理されてしまう可能性があります。

なので手動で受信トレイに戻したり、必要なメールを「信頼できる差出人のリスト」に登録してOutlookに覚えさせていきましょう。

[セーフリスト]のみ

[セーフリスト]のみを選択すると、「信頼できる差出人・宛先のリスト」以外のメールがすべて迷惑メールとして扱われます。

一番フィルター制限が厳しい設定です。

「信頼できる差出人のリスト」は、もちろん[セーフリスト]のみ以外のフィルターに設定していても機能するので、以下で手順を紹介します。

間違って迷惑メールにしないために

必要なメールを見失わないために、信頼できる差出人のリストに登録してみましょう。

メール=差出人
メール=差出人

まずはフォルダから登録したいメールを選択します。

拒否しない=信頼する
拒否しない=信頼する

ホームタブから「迷惑メール」→「受信拒否しない」を選択しましょう。

「OK」をクリック
「OK」をクリック

確認画面で「OK」をクリックして、選択したメールの差出人をリストに追加できます。

不審?なドメインも簡単フィルタリング

日本での「.jp」のように、海外にもトップレベルドメインと呼ばれるドメインがあります。

「.ca」「.mx」「.us」など国により異なりますが、このように見慣れないドメインからのメールも簡単にフィルタリングできます。

右端のタブ
右端のタブ

「迷惑メールのオプション」から「インターナショナル」タブを開きましょう。

海外のドメインを選べる
海外のドメインを選べる

「ブロックするトップレベル ドメイン リスト」をクリックすると、国や地域ごとのトップレベルドメインを選択できます。

外国人とメールをする機会の無い人は「すべて選択」してもいいと思います。

フィルター設定を使いこなして被害ゼロに!

今回はOutlookで迷惑メールの処理レベルを変えたり、必要なメールを残しておくためのフィルターについて解説しました。

フィルターだけでは不安な人は、「信頼できる差出人リスト」や「受信拒否リスト」も使いましょう。

最後にフィルター設定の手順を振り返ってみましょう。

おさらい
  1. ホームタブから「迷惑メール」→「迷惑メールのオプション」の順にクリックする
  2. 設定するフィルターを選んで「OK」をクリックする

フィルターを設定して完ぺきな受信トレイを作りましょう!

Outlookの迷惑メールについてはこちら「≫Outlookで迷惑メールを設定しよう!クリックだけで簡単にできる!」で総合的に解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次