楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Windows10】IMEで郵便番号や住所を変換して簡単に入力しよう!初心者必見!

4 min 2,810 views
windows初心者

windows初心者

Windows10のIMEは郵便番号を住所に変換できるって本当?そうすると、住所から郵便番号も変換できるのかな?

IMEは郵便番号から住所、住所から郵便番号に変換ができるよ。便利な機能だから、これから詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、Windows10のIMEで郵便番号や住所を変換する方法を解説します。

個人名簿や顧客リストなどを作成中に、郵便番号不備や住所不備を見かけることがよくありますよね。

不備のパターンとしては、『郵便番号のみ』『郵便番号の桁の過不足』『郵便番号なし住所ありの組み合わせ』などが考えられます。

そのような時に、IMEの郵便番号辞書を活用すれば、番地や部屋番号以外は解決できます。

この記事を読むと、郵便番号から住所、住所から郵便番号に変換する方法を理解することができますよ。

【Windows10】IMEで郵便番号や住所を変換する簡単ステップ

【郵便番号から住所に変換】

  1. 日本語入力が可能なメモ帳、Excel、Wordなどのアプリを起動
  2. 目的の郵便番号を入力(ハイフンあり)
  3. [Spaceキー]または[変換キー]を押す
  4. 変換候補の一覧に目的の住所が表示される

【住所から郵便番号に変換】

  1. 目的の住所を範囲選択(都道府県必須)
  2. [変換キー]を押す
  3. 変換候補の一覧に目的の郵便番号が表示される

PCサポート歴10年以上の私が、Windows10のIMEの郵便番号辞書の活用方法について、分かりやすく解説するよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

Windows10には、Microsoft IMEが標準搭載されており、その中の1つとして『郵便番号辞書』が付属しています。

郵便番号辞書はオフラインの環境でも使用でき、郵便番号から住所、住所から郵便番号に変換することができるので、とても便利です。

Windows10のIMEの概要については、こちら≫【Windows10】IME設定まるわかり必見!知っておきたい日本語入力で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

【Windows10】IMEで郵便番号や住所を変換する方法

IMEの郵便番号辞書を活用すると、不明な郵便番号や住所の確認を簡単にすることができます。

インターネットで検索するという方法もありますが、IMEの郵便番号辞書は、わざわざ郵便番号検索サイトを使用しなくても、簡単に郵便番号や住所を確認できるのでとても便利ですよ。

郵便番号から住所に変換

それでは、日本語入力が可能なメモ帳、Excel、Wordなどのアプリを起動しましょう。

変換対象の郵便番号を入力
変換対象の郵便番号を入力

入力モードが①[ひらがな]であることを確認し、②任意の郵便番号を入力します。

郵便番号から変換された住所が表示される
郵便番号から変換された住所が表示される

郵便番号を入力し、①キーボードの[Spaceキー]、または[変換キー]で変換すると、②変換候補の一覧に目的の住所が表示されましたね。

このように、郵便番号から住所に変換すると、番地や部屋番号以外の情報を簡単に確認でき、入力することができます。

住所から郵便番号に変換

ここでは、『東京都新宿区西新宿2-8-1』を例にして、住所から郵便番号に変換できるかを確認します。

変換対象の住所を範囲選択
変換対象の住所を範囲選択

入力済みの住所を範囲選択し、キーボードの[変換キー]を押しましょう。

範囲選択を『東京都新宿区西新宿2-8-1』としましたが、『東京都新宿区西新宿』でも問題ありません。

住所から変換された郵便番号が表示される
住所から変換された郵便番号が表示される

変換候補の一覧に目的の郵便番号が表示されましたね。

このように、住所から郵便番号を簡単に変換することができます。

入力済みの郵便番号を同じように範囲選択して、[変換キー]を押すと、住所に変換できるから、覚えておこうね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

郵便番号や住所に変換できない時は?

郵便番号や住所情報で変換をしても、変換候補の一覧に目的の結果が表示されない場合があります。

その原因として、郵便番号辞書が有効になっていないことが考えられます。

郵便番号辞書の設定を確認する方法は、使用しているIMEのバージョンによって異なるので、それぞれの確認方法を順番に見ていきましょう。

IMEのバージョンについては、『IMEの変換がおかしい時には?』の記事を参考にしてみてください。

最新のIMEを使用している場合

[設定]を選択
[設定]を選択

①タスクバー右端のIMEアイコン『あ』または『A』を右クリックし、②[設定]を選択します。

[学習と辞書]を選択
[学習と辞書]を選択

『Microsoft IME』の設定画面が表示されたら、[学習と辞書]を選択します。

『郵便番号辞書』を[オン]にする
『郵便番号辞書』を[オン]にする

システム辞書項目の『郵便番号辞書』を確認し、[オフ]の場合は、[オン]に切り替えて設定を有効にしましょう。

以前のバージョンのIMEを使用している場合

以前のバージョンのIMEを使用している場合は、『Microsoft IMEの詳細設定』画面から確認します。

『Microsoft IMEの設定設定』画面を表示する方法は、こちら≫【Windows10】Microsoft IMEの詳細設定ならキー設定のカスタマイズもできる!で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

[郵便番号辞書]にチェックを入れる
[郵便番号辞書]にチェックを入れる

①[辞書/学習]タブの『システム辞書』項目にある、[郵便番号辞書]を確認します。

②[郵便番号辞書]にチェックが入っていない場合は、チェックを入れて、③[適用]-④[OK]の順に選択しましょう。

このように、IMEの郵便番号辞書の設定を確認することができます。

郵便番号辞書の設定を有効にした後は、住所変換ができるか確認しようね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

Microsoft IMEの機能で郵便番号や住所の変換が簡単にできる!

今回は、Windows10のIMEで郵便番号や住所を変換する方法を解説しました。

IMEの郵便番号辞書を活用すると、郵便番号から住所、住所から郵便番号への変換が簡単にできましたね。

入力と同時に郵便番号や住所の確認ができるので、インターネットで改めて郵便番号検索をする手間も省けます。

また、郵便番号から住所に変換候補が表示されないという場合には、Microsoft IMEの辞書機能設定を確認しましょう。

最後に、Windows10のIMEで郵便番号や住所を変換する簡単ステップについて、おさらいします。

おさらい

【郵便番号から住所に変換】

  1. 日本語入力が可能なメモ帳、Excel、Wordなどのアプリを起動
  2. 目的の郵便番号を入力(ハイフンあり)
  3. [Spaceキー]または[変換キー]を押す
  4. 変換候補の一覧に目的の住所が表示される

【住所から郵便番号に変換】

  1. 目的の住所を範囲選択(都道府県必須)
  2. [変換キー]を押す
  3. 変換候補の一覧に目的の郵便番号が表示される

IMEの郵便番号辞書を活用して、郵便番号不備や住所不備を減らしましょう。

Windows10のIMEの概要については、こちら≫【Windows10】IME設定まるわかり必見!知っておきたい日本語入力で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WindowsドクターがおすすめするWindows本

関連記事