楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Ctrl+W】作業中のファイルを閉じる

1 min 4,930 views

ワードでの作業中に、ファイルを閉じるときの便利なショートカットキー【Ctrl+W】を紹介します。

文書に名前を付けて保存しているワードをショートカットキー【Ctrl+W】で閉じる場合と、まだ名前を付けて保存していないワードを閉じる場合、それぞれを紹介します。

ぜひ活用してみてください。

Wordのショートカットキー

【Ctrl+W】: コントロール + ダブリュー

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

作業中のファイルを閉じる手順

ワードを閉じる手順を紹介する前に、下記の2パターンがあることをお伝えします。

  • すでに名前を付けて保存しているワード
  • まだ名前を付けて保存していないワード

それぞれの状態でショートカットキー【Ctrl+W】を試しているので、ぜひ参考にしてください。

名前を付けて保存しているワードを閉じる

保存済みのワード文書
保存済みのワード文書

すでに名前を付けて保存しているワードをショートカットキー【Ctrl+W】で閉じてみましょう。

ショートカットキー【Ctrl+W】
ショートカットキー【Ctrl+W】

【Ctrl】を押しながら【W】を押します。

同時に押さなくても大丈夫です。

ゆっくりでもかまわないので必ずどちらのキーボードも押すようにしてください。

ファイルが閉じた
ファイルが閉じた

作業していたファイルを閉じることができました。

名前を付けて保存していないワードを閉じる

名前を付けて保存していないワード
名前を付けて保存していないワード

続いて、まだ名前を付けて保存していないワードをショートカットキー【Ctrl+W】で閉じてみましょう。

名前や保存先の確認
名前や保存先の確認

まだ名前を付けて保存していないので『ファイル名』や『保存先』を聞かれます。

ファイル名と保存先を指定して『保存』を押すと、ファイルを閉じることができます。

文書の新規作成する【Ctrl+N】とセットで覚えると便利だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

関連記事