楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

ワードでベクトルを書きたい!文字上部に矢印を表記する方法を簡単解説!

3 min 4,458 views
ワード初心者

ワード初心者

Wordでベクトルを入れたいんだけどどうしたらいいんだろう。簡単にできる方法はあるのかな?

ベクトルというと、数字の上に矢印を表示するあのベクトルだね。実はとても簡単にできる方法があるので安心して大丈夫だよ!いくつか方法があるのでそれぞれ詳しく紹介していくね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

この記事では簡単にWordでベクトルを入れる方法を説明していきます。

普段あまりWordを使わない人やWordの操作があまり得意でない人もベクトルの入れ方がすぐにわかるようになります。

Wordでベクトルを入れる方法はいくつかあるので使いやすい方法を選んでやってみて下さいね。

ワードでベクトルを書く簡単ステップ
  1. ベクトルを書きたい文字または位置をマウスで選ぶ
  2. ベクトルを入れる方法を選ぶ
    ●ショートカットキー(alt+shift+=と『¥vec』の入力)
    ●ルビ機能を利用する
    ●数式の演算子から選択
  3. 正しく文字の上に表示されているか確認する

Wordを始めて使いはじめてからコツコツと勉強してWordの使い方をマスターしてきたWord歴20年以上の私がWordでベクトルを入れる簡単な方法を紹介していくね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

Wordでベクトルを入れるなんて難しそうだと思っていませんか?もしかしてできないのかも?なんて不安になるかもしれませんが大丈夫です。

とても簡単だし方法は3つもありますよ。それぞれの方法を詳しく説明していくので、一番使いやすい方法で活用してみて下さいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

ショートカットキーを使ってWordにベクトルを入れてみよう

まずは一番簡単なショートカットキーを使ったベクトルの入れ方を説明します。

ショートカットキーというのは、Wordのタブを開いたり使いたい機能をクリックしたりせずに直接パソコンのキーボードでタイプしてWordの機能を使う方法です。

Wordでベクトルを入れるショートカッキーは

alt+shift+=¥vec

これだけです。

では実際にやってみましょう。

ここではAという文字の上にベクトルを入れてみます。

alt+shift+=を押す
alt+shift+=を押す

まずベクトルを入れた文字を書きたい位置にカーソルを置きます。

キーボードでaltshiftの順にそれぞれのキーを離さないように押しましょう。

¥vecの入力
¥vecの入力

【¥vec】とタイプします。

→を表示させる
→を表示させる
  1. スペースキーを2回押す
  2. つぎに左矢印キーを押して□(四角)にカーソルを合わせる
『A』の入力をする
『A』の入力をする

ベクトルの下に入れたい文字『A』を四角の中に入れましょう。

ベクトルの表記完了
ベクトルの表記完了

これで『A』という文字の上に『ベクトル』を入れることができました。

Wordのベクトルはルビ機能でも簡単に表記できる!

次にWordのルビの機能を使ってベクトルを入れてみましょう。ルビとは簡単に言うとふりがなのことです。

ルビについて詳しく解説した記事があるので興味のある方は参考にしてみてくださいね。

ではAという文字の上にベクトルを入れてみましょう。

ベクトルを表記したい『A』を選択する
ベクトルを表記したい『A』を選択する

まず『A』とタイプして、その『A』を選択しましょう。

ルビ機能を使う
ルビ機能を使う
  1. 【ホーム】タブを開く
  2. 『ルビ』をクリック
ルビを書き換える
ルビを書き換える
  1. ルビ(R)の「A」を消して「→」と入力する
  2. OKボタンをクリックする
ベクトルの表記完了
ベクトルの表記完了

これでAという文字の上にベクトルを入れることができました。

数式の【演算子】を使ったベクトルの書き方

ここではWordの数式の挿入から演算子を選択してベクトルを入れてみましょう。ここではAという文字の上にベクトルを入れてみます。

ベクトルを表記したい『A』を選択する
ベクトルを表記したい『A』を選択する

『A』とタイプして、『A』を選択してください。

挿入タブの数式をクリック
挿入タブの数式をクリック
  1. 【挿入】タブをクリックする
  2. 『数式』をクリックする
演算子をクリック
演算子をクリック
  1. 『演算子』をクリックする
  2. 入れたいベクトルを選択してクリック
ベクトルの表記完了
ベクトルの表記完了

これでAという文字の上にベクトルを入れることができました。

演算子から選択する場合には右向きのベクトルだけでなく、必要に応じて記号を選ぶことができるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

コツをつかめばWordでベクトル表記は簡単にできる

今回はWordで数式などで必要になるベクトルを入力する方法を3つ紹介してきました。

  • ショーカットキーを使う方法
  • ルビを使う方法
  • 演算子から選択する方法

3つとも慣れてしまえばとても簡単なものばかりです。

頻繁に右向きのベクトルを入れたい場合にはショートカットキーが便利ですね。

一文字限定ならルビ、色々な特殊記号から選びたい場合には演算子から選択するなど使い分けをすることがWordでベクトルを入れるコツです。

ワードでベクトルを書く簡単ステップをおさらいしてみましょう。

おさらい
  1. ベクトルを書きたい文字または位置をマウスで選ぶ
  2. ベクトルを入れる方法を選ぶ
    ●ショートカットキー(alt+shift+=と『¥vec』の入力)
    ●ルビ機能を利用する
    ●数式の演算子から選択
  3. 正しく文字の上に表示されているか確認する

ショートカットキーは覚えてしまえば簡単にベクトルを表示することができます。

ルビは選んだ文字のふりがなの様にベクトルを入れたり、演算子では右向きのベクトルだけでなく必要な特殊文字を選んで入力することができました。

この3つを自分の使いやすさや必要に合わせて選んで使ってみて下さい。

ベクトルを使ったすっきりとした分かりやすい数式などが書けるようになりますよ。

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事