楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【Windows10】付箋アプリは無料で活用できる!使い方を分かりやすく徹底解説

6 min 2,699 views
windows初心者

windows初心者

Windows10の付箋アプリについて詳しく知りたいな。メモ用紙だと書くのも探すのも大変なんだよね。

付箋アプリはWindows10に標準搭載されているから手軽に使えるよ。これから、付箋アプリについて詳細な使い方を解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、Windows10の付箋アプリについて解説します。

突然思いついたアイディア、伝言、期日が限定されたマスト事項など、忘れないようにメモを残すことは重要な作業です。

付箋紙にメモを取り、PCのモニター枠に貼り付けておくのも悪くはないですが、もっとスマートに整理しておきたいですね。

この記事を読むと、付箋アプリの使い方を理解でき、PC上でメモを管理できるようになりますよ。

【Windows10】付箋アプリを使用する簡単ステップ
  1. [スタートメニュー]-[付箋]または[Stickey Notes]を選択
    または、検索ボックスに[付箋]または、[stickey note]を入力し、付箋アプリを起動
  2. 付箋(メモ)の新規作成は、ウィンドウの左上[+]を選択
  3. 表示された付箋(メモ)に内容を入力

PCサポート歴10年以上の私が、Windows10の付箋アプリについて、各設定項目を分かりやすく解説するよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

付箋アプリは、Windows10に標準搭載されているため、すぐに使用することができます。

また、付箋の色を選べたり、太字にしたり、取り消し線など、視覚的に分かりやすい要素も備わっています。

付箋アプリを使って、PCで便利にメモ内容を管理してみましょう。

※本記事の画像は『OS:Windows10』を使用しています。

【Windows10】付箋アプリのインストール

通常、付箋アプリは、Windows10に標準搭載されているので、アプリを起動してすぐに使用できます。

もし、見当たらない場合には、Microsoft Storeからアプリを入手し、インストールする必要があります。

付箋アプリは無料で入手でき、簡単にインストールできるので、手軽に使い始めることができます。

付箋アプリが見当たらない場合は、Microsoft Storeから『付箋(Stickey Notes)』を入手しましょう。

付箋アプリのインストール開始
付箋アプリのインストール開始

上記画面が表示されたら、[入手]ボタンを選択し、インストールを開始します。

付箋アプリのインストール完了
付箋アプリのインストール完了

インストールが完了すると[起動]ボタンが表示されるので、[起動]ボタンを選択後に付箋アプリが起動できれば、インストールの完了です。

『このサイトは、Microsoft Storeを開こうとしています。』と表示されたら、『開く』ボタンを選択します。
また、『サインアップする』と表示された場合には、メールアドレスを登録するか、不要の場合には、画面右上の[x]で画面を閉じてください。

付箋アプリの使い方

付箋アプリは、細かい設定などはなく、起動してすぐに使用することができます。

ここでは、付箋アプリの起動、メモの新規作成、削除、アプリの終了方法などの一通りの使い方について、順に解説します。

1.付箋アプリの起動方法

付箋アプリの起動
付箋アプリの起動

付箋アプリを起動するには、スタートメニューのプログラム一覧より、『付箋』を選択します。

または、タスクバーの検索ボックスに『付箋』または『stickey note』と入力して、アプリを検索し起動することもできます。

付箋アプリのピン留め
付箋アプリのピン留め

『付箋』アイコンは、タスクバーにピン留めしておくと、2回目以降の起動をスムーズにすることができますよ。

例えば、『付箋』アイコンを左から3番目にピン留めしている場合、[Windowsキー]+[3]と押すと『付箋』を起動できます。

タスクバーに任意のアプリをピン留めする方法については、『タスクバーにピン留めする』で解説しています。

2.『新しいメモ』の新規作成

それでは、メモ(付箋)を新規で作成してみましょう。

付箋(メモ)の新規作成
付箋(メモ)の新規作成

アプリを起動すると付箋ウインドウが表示されるので、ウィンドウ左上の①[+]を選択すると 『新しいメモ』を新規作成できます。

また、 『新しいメモ』を作成後にメモ(付箋)左上の②[+]を選択したり、ショートカットキー[Ctrl]+[N]を使うと、同様に『新しいメモ』を新規に作成することができます。

新しいメモ(付箋)が表示されたら、メモしたい内容を入力してみましょう。

1文字でも入力すると自動保存されるので、保存ボタンなどでの操作は必要ありません。

3.付箋(メモ)の色を変更

付箋(メモ)の色は、7色から選択することができます。

付箋(メモ)の色を変更
付箋(メモ)の色を変更

付箋の右端上部に表示されている①[…]を選択すると、②付箋の上部に7色の帯が表示されます。

色を選択すると、付箋の色を変更できますので、好きな色を選択しましょう。

4.『メモの一覧』を表示

個別の付箋(メモ)しか表示されていない状態で、作成済みの全ての付箋(メモ)を確認したい場合は、付箋ウインドウを表示します。

[メモの一覧]を選択
[メモの一覧]を選択

付箋(メモ)の右端上部に表示されている[…]を選択し、メニューから[メモの一覧]を選択しましょう。

『メモの一覧』
『メモの一覧』

『付箋』アプリのウィンドウが開き、メモの一覧が表示されましたね。

表示された[メモ一覧]から任意のメモをダブルクリックすると、メモ(付箋)がデスクトップ画面に表示されます。

また、ショートカットキー[Ctrl]+[H] を使って [メモの一覧] を表示することができるので、覚えておくと便利ですよ。

メモの右端下部がめくれているものが、デスクトップ画面に表示されている付箋(メモ)になるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

5.付箋(メモ)の削除

不要になった付箋(メモ)は、簡単に削除することができます。

付箋ウィンドウから削除
付箋ウィンドウから削除

付箋ウィンドウから削除する場合は、下記の通りに設定しましょう。

  1. 対象メモにポインターを乗せ、右端上部に[…]が表示されたらクリック
  2. 表示されたメニューから、[メモの削除]を選択

付箋の状態で[…]をクリック後に表示される メニューが異なるので、確認しておきましょう。

【右端の下部がめくれている状態】(デスクトップ表示中のメモの場合)
 ・メモをを閉じる
 ・メモの削除

【右端の下部がめくれていない状態】
 ・メモを開く
 ・メモの削除

個別の付箋から削除する場合は、下記の通りに設定します。

個別の付箋から削除
個別の付箋から削除
  1. 右端上部の[…]を選択
  2. 表示されたメニューから、[メモの削除]を選択

また、ショートカットキー[Ctrl]+[D]を使っても、メモを削除することができますよ。

6.付箋アプリの終了

付箋アプリの終了
付箋アプリの終了

付箋の右上の[×]を選択すると、付箋を閉じることができます。

これはメモのウィンドウを閉じる操作となり、メモ内容は削除されないので安心してくださいね。

また、デスクトップ画面に表示させていた全ての付箋と『メモ一覧』を閉じると、タスクバーの『付箋』アイコンは非表示になり、アプリを終了したことになります。

そのほか、ショートカットキー[Ctrl]+[W]を使って、アクティブウィンドウ(メモ一覧、付箋)を閉じることができます。

1つのウィンドウ (メモ一覧、付箋)しか表示されていない時に、ショートカットキー[Ctrl]+[W]を押した場合には、アプリを終了したことになりますね。

閉じた付箋(メモ)は、『メモの一覧』から再度表示できるよ。

表示している付箋(メモ)がなくなると、付箋アプリが終了されるんだね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

付箋アプリを自動起動するならスタートアップに登録!

Windows10の起動と同時に付箋を自動起動させたい場合は、スタートアップフォルダへ登録しておきましょう。

スタートアップに登録する方法は、スタートメニューから『付箋』アプリをデスクトップにドラッグし、作成されたショートカットをスタートアップフォルダに保存します。

付箋アプリをスタートアップに登録する詳細については、こちら≫【Windows10】スタートアップの登録は意外と簡単!お気に入りのアプリを追加してみようで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

付箋の文字サイズ

付箋の文字サイズについて、以前のバージョンでは文字サイズの変更ができましたが、Windows10 20H2(October 2020 Update)以降に搭載されている付箋の現バージョンでは、文字サイズの変更はできません。

文字のサイズ変更はできませんが、太字、斜体などの装飾を行うことができます。

文字の装飾
文字の装飾

文字の装飾したい場合は、対象文字を範囲選択し、任意の装飾ボタンを選択しましょう。

また、文字の装飾はショートカットキーでも簡単に設定することができます。

文字の装飾のショートカットキーは、下記の通りです。

ショートカットキー  機能説明        
[Ctrl]+[B]太字
[Ctrl+[I]斜体
[Ctrl+[U]下線
[Ctrl]+[T]取り消し線
[Ctrl]+[Shift]+[L]
[*]+半角スペース
箇条書きリスト

Windows10の一般的なショートカットキーに慣れている場合は、こちらが便利ですね。

削除した付箋をバックアップから復元

デスクトップに貼り付けていた大事な付箋を、誤って削除してしまったら、焦りと同時に悲しい気持ちになりますよね。

『付箋』データの場所
『付箋』データの場所

そのような時に備えて、あらかじめ付箋データのバックアップを取得しておくと、削除した付箋を元の状態に復元できます。

もしものために、付箋データのバックアップを備えておくと安心ですね。

付箋データのバックアップ方法と復元する方法の詳細については、こちら≫Windows10】付箋データのバックアップと復元!削除してしまったメモは戻せる!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

付箋アプリは同期できる!

付箋アプリは、複数のPCで同じ付箋を同期したり、スマホ版のOneNoteに同期したりすることができます。

移動先でも簡単にメモ内容を管理できるので、大変便利です。

スマホ版のOneNote
スマホ版のOneNote

付箋アプリを同期するには、Microsoftアカウントが必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

付箋アプリを同期する方法の詳細については、こちら≫【Windows10】付箋アプリはスマホと同期できる!絶対活用したくなる方法を紹介で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

付箋アプリが消えてしまったら?

付箋アプリを使用していて、突然付箋アプリが消えてしまうと驚きますよね。

いつも使用している付箋アプリが消えてしまった場合には、付箋アプリがあるかどうかを検索したり、Windows Updateによる不具合について確認する必要があります。

付箋アプリが消えてしまった場合の対処方法については、こちら≫【Windows10】付箋アプリが消えたときの解決策!すぐに確認してみようで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

付箋アプリが起動しない場合の対処方法

付箋アプリを起動しようとして、起動ができなかった場合、困ってしまいますよね。

付箋アプリが起動ができなかった場合、 起動プロセスを確認したり、PCを再起動したり、付箋アプリのインストール状況を確認する必要があります。

付箋アプリが起動しない場合の対処方法の詳細については、こちら≫【Windows10】付箋アプリが起動しない?参考にしたい4つの確認事項を紹介!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

付箋アプリでメモを残す習慣をつけよう!

今回は、Windows10の付箋アプリについて紹介しました。

付箋アプリは、Windows10 に標準搭載されているので、アプリを起動してすぐに使用することができます。

付箋の色を変えたり、箇条書きにも対応しているので、備忘録としても使用できてとても便利ですね。

また、付箋アプリを使用するとメモ内容を一覧で管理でき、紛失する心配もないですよ。

最後にWindows10の付箋アプリを使用する簡単ステップについて、おさらいします。

おさらい
  1. [スタートメニュー]-[付箋]または[Stickey Notes]を選択
    または、検索ボックスに[付箋]または、[stickey note]を入力し、付箋アプリを起動
  2. 付箋(メモ)の新規作成は、ウィンドウの左上[+]を選択
  3. 表示された付箋(メモ)に内容を入力

ちょっとしたメモ書きや備忘録にも使用できる、便利な付箋アプリを使って、PCでメモを管理してみましょう。

WindowsドクターがおすすめするWindows本

関連記事