年に一度の Amazon Prime Day 開催中!

ワードに計算式を挿入して合計を出す方法を解説!関数なども計算できる!

3 min 3,840 views
ワード初心者

ワード初心者

ワードって、エクセルみたいに計算とかできるのかなぁ?
文書作成しているときに、ちょっとした計算がワードで出来たら便利だよね!

ワードでも、計算式を挿入して『計算』することができるよ!
エクセルと違って、『更新』という作業が必要になってくるので、順番に解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードに計算式を挿入して『計算』する方法を紹介します。

エクセルのように『セルを参照』したり、『関数』を使ったりできます。

ワードの計算式簡単ステップ
  1. レイアウトタブから『計算式』を選択
  2. 計算式を入力
  3. オートフィルは使えないので全部手入力する

以上で、ワードも簡単に計算をすることができます。エクセルのように『オートフィル』でコピーできないので、ひとつひとつ計算を入力しなければなりません。

『更新』についても方法を解説します。

また、ワードで計算する時は手作業で行や列を追加する必要があります。

普段ワードを使うことが少ないという方はこちら「≫ワードの表に列を追加、行を増やす手順をくわしく解説!」でしっかり身に付けるのも良いかと思います。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

セルを参照する計算式を挿入して合計を出すには?

ワードの表
ワードの表

↑ワードに表を挿入しましょう。

セル番号は表示されていませんが、エクセルと同じように『A1』『A2』『B1』となっています。

例えば、最初の合計のセルは『C2』になります。

セルを参照する計算式を挿入してみましょう。

レイアウトタブ
レイアウトタブ

↑『C2』をクリックすると、表の『テーブルデザインタブ』と『レイアウトタブ』が表示されます。

『レイアウトタブ』を選択し、右の『計算式』を押しましょう。

ダイアログボックス
ダイアログボックス

↑計算式のダイアログボックスが表示されました。

計算式の部分に『=A2+B2』を入力し、OKを押します。

計算式の入力は『半角英数』で入力してね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

計算結果
計算結果

↑『5+4』の計算結果が『9』と表示されました。

『C3』や『C4』セルも同じように計算してみましょう。

ひとつひとつ計算
ひとつひとつ計算

↑『C列』の合計を求めることができました。

エクセルのように『オートフィル』が使えないので、ひとつひとつ入力しましょう。

計算式に関数を使って合計を出してみよう

先ほどの表を使い、SUM関数を入れてみましょう。

計算式
計算式

↑『C2』セルを選択し、レイアウトタブから『計算式』を押します。

SUM関数
SUM関数

↑計算式ダイアログボックスに、『=SUM(A2:B2)』を入力しOKを押しましょう。

SUM関数の結果
SUM関数の結果

↑合計の『9』が表示されました。

ひとつひとつSUM関数の計算
ひとつひとつSUM関数の計算

↑他のセルも同じようにSUM関数を使い計算することが簡単にできます。

SUM関数以外にも、『COUNT関数』や『AVERAGE関数』など、さまざまな関数を入れて計算してみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードに計算式を挿入したら『フィールド更新』

ワードに、計算式を入力して結果を求めることができました。

しかし、ワードで注意してほしい事があります。

値と結果
値と結果

↑例えば『C列』にSUM関数を入力した表の『A2からB4』までのセルすべてに『5』を入力します。

しかし、合計が変化しません。

エクセルは、常に最新の計算結果が表示されていましたが、ワードは違います。

ワードは新しい計算結果を求めるには『フィールド更新』が必要になります。

フィールド更新
フィールド更新

↑『C2』の『9』を選択し、右クリックして『フィールド更新』を押します。

再計算の結果
再計算の結果

↑再計算されて『10』が表示されました。

簡単ショートカット『F9』で更新

フィールド更新するには、右クリックして操作しますが、ショートカットキーもあるので紹介します。

F9
F9

↑フィールド更新したいセルを選択し、『F9』を押しましょう。

フィールド更新が簡単にできます。

エクセルと違って、ワードは再計算の値を求める場合に『フィールド更新』が必要です。

ぜひ計算式も活用してワード文書を作成してみてはいかがでしょうか。

表の位置を変えたい時は

普段エクセルで計算をするけど、何かしらの理由でワードで作業をしているという方は表の位置を変えるのに手こずるかもしれません。

表の位置を微調整できないかたは「≫ワードの表を移動できないひと必見!微調整も簡単にできる方法を解説」をお読みいただくと困ることはないですよ。

ワードドクターがおすすめするWord本

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事