スポンサーリンク

ワードで【見出し】を設定しよう!見出しの色やフォントの変更も簡単

タイトル使い方
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
ワード初心者
ワード初心者

ワードで長文の文書を提出したんだけど、上司から『見出しを付けて文章構成して再提出』と言われたよ。【見出し】ってどうやってつくるの?

ワード初心者
ワード初心者

見出しを設定すると、『文書の構成が分かりやすい』とか『見出しの書式を設定できる』って聞いたけど、見出しって何・・・?

Dr.オフィス
Dr.オフィス

【見出し】って、とても便利だよ!
見出しを付けることで文章を階層化することができるから、見やすくなるんだよ!見出しの書式を設定すると、すべての見出しにも反映できるから時短になるよ!

ワードの『見出し』について解説します。

見出しは、長文の際に設定することで、文章全体を構成しやすくなります。

そして見出しごとに階層化できるので、さらに分かりやすくなり、 ナビゲーションウィンドウを使うとページ内の移動も簡単にできます。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

スポンサーリンク

見出しの設定はホームタブからできる

では文章を開き、見出しを設定する段落を選択しましょう。

1行目を選択
1行目を選択

↑まず1行目を選択しましょう。

カーソルの場所は、見出しを付けたい段落内にあればどこでも大丈夫です。

見出しスタイル
見出しスタイル

↑使用頻度の高いものはホームタブにそろっています。

『見出し』もホームタブにあります。

見出し1の設定
見出し1の設定

↑スタイルの中を確認して、『見出し1』を選択しましょう。

見出し1が設定され、行頭に黒い点がつきました。

スポンサーリンク

見出しの解除方法

見出しの解除をしてみましょう。

スタイルの一覧
スタイルの一覧

↑『見出し1』を設定した1行目にカーソルをおき、スタイルの一覧を表示します。

書式のクリア
書式のクリア

↑書式のクリアを押します。

見出し1の解除
見出し1の解除

↑見出しが解除されました。

黒い行頭の点も消えました。

すべての書式のクリア
すべての書式のクリア

↑または、ホームタブのフォントにある『すべての書式をクリア』でも、見出しを解除することができます。

スポンサーリンク

見出しを設定すると段落番号が消える

見出し2の設定
見出し2の設定

↑段落番号がついている見出しに『見出し2』を設定しましょう。

複数の行を選択
複数の行を選択

↑Ctrlを押しながら、選択したい行の左側の余白をクリックすると、複数の行を選択することができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

すべての段落番号の行を選択してね!

見出し2の設定完了
見出し2の設定完了

↑すべての段落番号の行を選択できたら『見出し2』を選択しましょう。

段落番号が消えて、行頭に黒い点がつきました。

『見出し1』と『見出し2』を比べると、文字のサイズが違います。

『見出し1』は少し文字のサイズが大きくなっています。

見出しをつけて『段落番号』もつけるには?

見出し2変更
見出し2変更

↑ホームタブの『見出し2』を右クリックし、『変更』を選択します。

スタイルの変更
スタイルの変更

↑『スタイルの変更』ダイアログボックスが表示されました。

左下の『書式』を選択し、『箇条書きと段落番号』をクリックします。

箇条書きと段落番号
箇条書きと段落番号

↑『箇条書きと段落番号』ダイアログボックスが表示されました。

番号ライブラリから書式を選択し、OKを押しましょう。

スタイルの変更もOKを押して閉じましょう。

番号段落の表示
番号段落の表示

↑『見出し2』を設定している行に、段落番号が表示されました。

スポンサーリンク

見出しの行頭の黒い点を非表示にする方法

行頭の黒い点
行頭の黒い点

↑『見出し』にすると表示される黒い点を非表示にしたい場合を解説します。

見出し1変更
見出し1変更

↑『見出し1』を右クリックし、『変更』を選択します。

スタイルの変更
スタイルの変更

↑『スタイルの変更』ダイアログボックスの『書式』を開き、『段落』を選択しましょう。

次の段落と分離しない
次の段落と分離しない

↑『改ページと改行』の『次の段落と分離しない』のチェックを外します。

『段落』と『スタイルの変更』ダイアログボックスはOKを押して閉じましょう。

見出し14の黒い点が非表示になった
見出し14の黒い点が非表示になった

↑『見出し1』の黒い点が非表示になりました。

『見出し2』も同じように設定してみましょう。

すべての黒い点を非表示にする
すべての黒い点を非表示にする

↑簡単に黒い点を非表示にすることができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

この黒い点は、印刷には反映されないよ!
気にならないならそのままにしていてもいいね。僕は見出しを付けている目印と思って表示したまま使っているよ!

スポンサーリンク

見出しの書式を変更してみよう

黒い点は表示した状態で、解説をします。

では、次に見出しの書式を変更してみましょう。

見出し1に書式設定
見出し1に書式設定

↑1行目の『見出し1』に色やフォントの大きさなどを設定します。

見出し1を更新
見出し1を更新

↑できあがったら、『見出し1』にカーソルを置いた状態で、スタイルの『見出し1』を右クリックし、『選択個所と一致するように見出し1を更新する』を選択しましょう。

見出しスタイルが更新
見出しスタイルが更新

↑見出し1の書式が登録されました。

ほかの行にカーソルを置き、スタイルの『見出し1』を押してみましょう。

登録した見出し1書式が使える
登録した見出し1書式が使える

↑同じように書式も設定されます。

見出し2を更新
見出し2を更新

↑『見出し2』も書式を設定し、スタイル『見出し2』を更新します。

すべての見出し2に適用される
すべての見出し2に適用される

↑すべての『見出し2』の書式が変更できました。

書式を設定することで『見出し』が主張され、見やすくなりました。

スポンサーリンク

ナビゲーションウィンドウで見出しを確認

表示タブ
表示タブ

↑表示タブの表示にあるナビゲーションウィンドウにチェックを入れてみましょう。

ナビゲーションウィンドウ
ナビゲーションウィンドウ

↑ナビゲーションウィンドウが開きました。

見出しのおかげで文章の階層化が分かりやすくなっています。

見たいページにすぐ飛べる
見たいページにすぐ飛べる

↑見たい見出しをクリックすると、すぐ飛ぶことができます。

長文などの場合には、見出しがあると見やすく分かりやすいので、ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました