スポンサーリンク

ワードのルーラーの使い方!表示方法から便利機能まで紹介

タイトル使い方
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
ワード初心者
ワード初心者

ワードの上や左側に表示されている定規みたいなのって何だろう?

ワード初心者
ワード初心者

私のパソコンには、そんな定規みたいなのは表示されていないけど…。どういう時に使うのかなぁ?

Dr.オフィス
Dr.オフィス

ワードの上部や左側に表示されているのは『ルーラー』だよ!
ルーラーは、表示/非表示にすることもできるし、文章のレイアウトを整えるのにとても便利な機能なんだよ。

今回はワードの『ルーラー』について解説します。

ルーラーを気にせずに文書を作成している人も多いようですが、ルーラーを使うと文書は見た目も良くなり読みやすいです。

ワードのルーラーを使って、見やすい文書を作成しましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

スポンサーリンク

ワードのルーラーって何?

まずワードの『ルーラー』について説明します。

ルーラーは、文字の位置を把握しやすくするための目盛がついた定規のようなものです。

Wordのルーラー
Wordのルーラー

↑文書の上部には『水平ルーラー』があり、左側には『垂直ルーラー』があります。

ルーラーのグレイの部分は余白になり、白の部分に文字が入力されています。

スポンサーリンク

ワードにルーラーを表示する方法

ワードを起動した際に、ルーラーが表示されていない場合でも簡単に表示させることができます。

ルーラーの表示
ルーラーの表示

↑表示タブを選択します。

表示の『ルーラー』にチェックを入れましょう。

ルーラーの表示完了
ルーラーの表示完了

↑簡単に上部と左側にルーラーが表示できました。

スポンサーリンク

ルーラーの使い方

詳細のバランスを整える
詳細のバランスを整える

↑『フルーツ教室の案内』を見てみると、詳細内容の1~6が左寄りでバランスが良くありません。

ルーラーを使って文書を見やすくしましょう。

ルーラーで先頭文字を揃える左インデント

行の選択
行の選択

↑開催日から申込方法までの行を選択します。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

行が選択できていれば大丈夫なので、最初と最後の文字が範囲選択できていなくてもOKだよ!

左インデント
左インデント

↑左インデントをドラッグして目盛の『9』まで移動します。

次に目盛の『18』をクリックしましょう。

左揃えタブ
左揃えタブ

↑『┗(左揃えタブ) 』 が入りました。

詳細内容もすっきりと揃って見栄えが良くなりました。

Tabキー
Tabキー

↑『開催日』と『令和元年10月27日(日)』の間のスペースは『タブキー』を使っています。

ただの空白スペースでは『 ┗(左揃えタブ) 』を入れても調整できないので注意してください。

┗(左揃えタブ) を削除する方法

左揃えタブを余白にドラック
左揃えタブを余白にドラック

↑┗(左揃えタブ)にカーソルを合わせ、文書のヘッダー部分へドラックします。

左揃えタブの削除完了
左揃えタブの削除完了

↑簡単に┗(左揃えタブ)を削除することができました。

タブ
タブ

↑ほかにも、このようなタブがあります。

ルーラーの単位を変更する方法

ルーラーの目盛の単位を変更することができます。

文字幅
文字幅

↑今は文字幅になっています。

Wordのオプション
Wordのオプション

↑『Alt→T→O』を押して『Wordのオプション』を開きましょう。

詳細設定から『表示』にします。

使用する単位の選択
使用する単位の選択

↑使用する単位を選択しましょう。

今回は『ミリメートル(mm)』を選択します。

『単位に文字幅を使用する』のチェックを外しOKを押します。

ルーラーの単位変更完了
ルーラーの単位変更完了

↑ルーラーの単位を変更することが簡単にできました。

元に戻す場合は、 『単位に文字幅を使用する』 にチェックを付ければ戻ります。

タイトルとURLをコピーしました