スポンサーリンク

ワードの文書を【段組み】して読みやすくしよう!

タイトル使い方
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
ワード初心者
ワード初心者

用紙の全面に文書内容を載せたいんだけど、いい方法ないかな?
新聞みたいに、ひとまとまりに文書が書けたら読みやすいかも!って思うんだよね!

ワード初心者
ワード初心者

長文も、1行が長すぎて読みづらい時があるよね!
短文も、まとめて読めると見やすいかもね!

Dr.オフィス
Dr.オフィス

それなら『段組み』で、ワード文書を読みやすくしてみよう!
『段組み』は、1枚のページで文書を縦に『2列』や『3列』に分割できるよ。
さっそく『段組み』をしてみよう!

今回は、ワード文書を『段組み』する方法を解説します。

段組みとは、文章を2列や3列に縦に分けて表示することです。

段組みした文書
段組みした文書

↑段組みすることで、1行の文章が長い場合も見やすく読みやすくなります。

ワードの場合、全体を段組みすることもでき、一部を段組みすることもできます。

必要な場所、場面で『段組み』を活用しましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

スポンサーリンク

ワードの文書全体を段組みする方法は?

今回は、『【ワード】画面の名称と機能について』の文書を段組みします。

この文書は、名称と機能を紹介している長文になります。

2段組みしよう
2段組みしよう

↑まず文書全体を段組みしてみましょう。

カーソルは、どこに置いてもかまいません。

レイアウトタブから『段組み』を開き、2段を選択します。

2段組み
2段組み

↑文書が、縦に2つにわかれました。

これが『2段組み』になります。

3段組み
3段組み

↑レイアウトタブの『段組み』から3段を選択すると、『3段組み』になります。

スポンサーリンク

選択した範囲だけを段組みしてみよう

次に、選択した範囲だけを『段組み』する方法を解説します。

範囲を選択
範囲を選択

↑『リボン』『タブ』『クイックアクセスツールバー』の3個の機能についての解説を段組みします。

『リボン』『タブ』『クイックアクセスツールバー』 を選択範囲として囲みます。

レイアウトタブから『段組み』を開き、2段を選択します。

区切りが悪い
区切りが悪い

↑とても簡単に2段組みができました。

しかし、『リボン』の解説の最後の1行が、右の段組みに入っているので、読みやすいように区切りを付けてあげましょう。

ショートカットキー
ショートカットキー

↑右側に送り込みたい『タブ』の先頭にカーソルを置きます。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+Enter】を押します。

読みやすい区切り
読みやすい区切り

↑『タブ』と『クイックアクセスツールバー』の解説だけが右側に送り込まれ、読みやすように区切ることができました。

スポンサーリンク

一定の場所より下の部分を段組みするには

『リボン』から下に記載している機能の解説をすべて、段組みにしましょう。

段組みの詳細設定
段組みの詳細設定

↑段組みにしたい場所にカーソルを置きます。

今回は、『リボン』の前にカーソルを置きましょう。

レイアウトタブの『段組み』から、一番下の『段組みの詳細設定』を選択します。

段組みダイアログボックス
段組みダイアログボックス

↑段組みダイアログボックスが表示されました。

種類を『2段』、設定対象を『これ以降』にしOKを押します。

一定部分より下を段組み
一定部分より下を段組み

↑『リボン』から下の文書が2段組になりました。

スポンサーリンク

ワード文書の段組みを元に戻す方法

ワードの文書を段組みにする方法は、とても簡単でした。

元の状態に戻すのも、とても簡単です。

段組みの詳細設定
段組みの詳細設定

↑レイアウトタブの『段組み』から、一番下の『段組みの詳細設定』を選択します。

文書全体を元に戻す
文書全体を元に戻す

↑種類を『1段』、設定対象を『文書全体』にしOKを押します。

元の文書
元の文書

↑元の文書に戻りました。

長文の文書を小分けして表示する場合など、ぜひ活用してみてください。

ドロップキャップ機能
ドロップキャップ機能

↑このように『ドロップキャップ機能』を使うと、また違った仕上がりになります。

ドロップキャップ機能についてはこちら≫ワード【ドロップキャップ】最初の一文字を大きく目立たせる機能を参考にされてみてください。

タイトルとURLをコピーしました