スポンサーリンク

【ワードの目次】作成や編集や更新を覚えて仕事効率アップ

タイトル使い方
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
ワード初心者
ワード初心者

長文の文書を作成したので、自分で目次を作成したよ!
でも、あとから文書の追加があると、目次を作り直さなくちゃいけなくて、けっこう大変だよね。。。

ワード初心者
ワード初心者

目次が、文書と連動していたら便利だよね!
なにかいい方法はないかな?

Dr.オフィス
Dr.オフィス

目次は自分で作成しなくても、ワードの機能で目次を作ることができるよ!
目次を設定するにはまず見出しが必要なんだ。
見出しを設定していれば、目次の設置、更新も編集も簡単だよ!

今回は、ワードで『目次』を設定する方法を解説します。

本などにも目次があり、読みたいページがすぐに分かります。

ビジネスでの長文の文書にも、目次があると見やすく分かりやすいですね。

ただ、この目次を『第1章は〇ページ。第2章は〇ページ・・・』と、自分で入力するのは一苦労です。

もし、文章の削除や追加があれば、目次のページも自分で変更しなければなりません。

ワードの機能では『目次』を設定することができて、文書に削除や追加があっても、目次を更新することができるので、とても便利です。

目次を設定して、仕事効率アップを目指しましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

スポンサーリンク

ワードの目次に必要な設定

ワードに目次を設定するために必要な準備があります。

それは『見出しスタイルの設定』です。

見出しスタイルを設定していれば【目次ボタン】を押すだけで出来上がりです。

見出しスタイルの設定とは

見出しは長文に設定すると文章全体を構成しやすくなります。

見出しごとに階層化できるので、とても分かりやすいです。

ホームタブに見出し
ホームタブに見出し

↑見出しスタイルは、ホームタブに用意されています。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

ホームタブには、使用頻度の高い機能が用意されているので『見出しスタイル』は、ぜひ使ってみてね!

見出しスタイルの設定方法についてはこちら≫ワードで【見出し】を設定しよう!見出しの色やフォントの変更も簡単を参考にしてみてくださいね。

見出し
見出し

↑こちらが見出しスタイルの設定をした文書になります。

1行目のオレンジ色の文字は『見出し1』になります。

3行目のオレンジ色の文字は『見出し2』の設定です。

スポンサーリンク

ワードに目次を設定しよう

見出しを設定した文書を開きましょう。

文書は全部で3ページ
文書は全部で3ページ

↑3ページの文書になります。

最初に目次を作成し、2ページから4ページに内容がくるようにしましょう。

カーソルの位置
カーソルの位置

↑カーソルを一番最初に置きます。

このカーソルの位置で目次が挿入されるの気を付けてください。

参考資料タブの『目次』
参考資料タブの『目次』

↑参考資料タブを選択し、左の『目次』を開きましょう。

自動作成の目次など3パターンが表示されました。

今回は、『自動作成の目次2』を選択します。

目次作成完了
目次作成完了

↑とても簡単に目次が表示されました。

本文と目次が同じページにあると見栄えが良くないので、ページを区切りましょう。

ページ区切り
ページ区切り

↑カーソルの位置は先ほどと変わらず、文章の一番最初に置いてください。

挿入タブを選択し、『ページ区切り』を押します。

改ページ
改ページ

↑『…改ページ…』と表示され、本文は次のページに移動しました。

全部で4ページ
全部で4ページ

↑3ページだった文書が、『目次』を設定し4ページになりました。

見たいページへ飛べる
見たいページへ飛べる

↑目次にカーソルを当ててみましょう。

Ctrlキーを押しながらクリックすると、リンク先を表示してくれる機能です。

見たいページをすぐ飛んで見れるのでとても便利ですね。

スポンサーリンク

目次の編集や変更

目次の編集や変更をしてみましょう。

参考資料タブの『目次』
参考資料タブの『目次』

↑参考資料タブの目次を開き、『ユーザー設定の目次』を選択します。

目次ダイアログボックス
目次ダイアログボックス

↑『目次』ダイアログボックスが表示されました。

このダイアログボックスで、番号表示やタブリーダーの種類、書式や見出しをどこまで表示するかなどを変更できます。

目次の編集
目次の編集

↑印刷イメージとWebイメージで確認しながら設定しましょう。

  • タブリーダーを下線
  • 書式をエレガント
  • アウトラインを3→2に変更

設定が完了したらOKを押します。

目次の置き換え
目次の置き換え

↑この目次を置き換えますか?と出てきましたので、『はい』を選択します。

目次の変更完了
目次の変更完了

↑目次の変更ができました。

スポンサーリンク

ワードの目次を更新

文章の一部分の説明文を削除することになった場合、目次の更新を行います。

リボンを削除
リボンを削除

↑『1.リボン』の削除をします。

3行目から9行目を選択し、Deleteを押します。

段落番号が繰り上がる
段落番号が繰り上がる

↑『1.リボン』は削除され、『2.タブ』が『1.タブ』になりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

段落番号を設定しているので、自動的に番号が変わるよ!

では、文書の内容に変更があったので、目次も変更しないといけません。

削除したリボンが表示されたまま
削除したリボンが表示されたまま

↑目次を見てみましょう。

まだ削除した『1.リボン』が表示されています。

目次の更新
目次の更新

↑参考資料タブの『目次の更新』を選択します。

目次の更新完了
目次の更新完了

↑簡単に目次の更新が完了しました。

『1.リボン』が削除され、『1.タブ』に繰り上がって表示されています。

上部ボタン
上部ボタン

↑『目次の更新』は、目次を選択したときに上部に表示されるボタンからでもOKです。

スポンサーリンク

ワードの目次の削除

最後に、目次の削除をしてみましょう。

目次の削除
目次の削除

↑参考資料タブの『目次』を開き、『目次の削除』を選択しましょう。

目次の削除完了
目次の削除完了

↑簡単に目次の削除ができました。

『…改ページ…』も、選択して削除できます。

上部ボタン
上部ボタン

↑目次にカーソルを置いたときの上部に表示される『目次』ボタンから、削除してもかまいません。

使いやすいほうで試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました