年に一度の Amazon Prime Day 開催中!

ワードで【今日の日付】を自動更新!簡単に入力する方法!

3 min 4,816 views
ワード初心者

ワード初心者

ワード文書に“今日の日付”を入力してるんだけど、『日付ボタン』とかってないのかなぁ?
エクセルだったら『TODAY関数』で簡単に日付を表示できるけど、ワードってどうなんだろう?

ワードには『日付と時間』を簡単に追加できる機能があるよ!
ワードを開くたびに、日付を自動更新することもできるから、とっても便利だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードの文書に『今日の日付』を表示する方法を解説します。

文書内や、ヘッダーとフッターにも『今日の日付』を表示できます。

とても簡単なので、さっそく試してみましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

ワードで『今日の日付』を挿入する

ワードの機能を使って、『今日の日付』を挿入してみましょう。

日付と時刻
日付と時刻

挿入タブの右側のテキストから『日付と時刻』を選択します。

カレンダーの種類選択
カレンダーの種類選択

日付と時刻ダイアログボックスが表示されました。

カレンダーの種類『和暦とグレゴリオ暦』から選択された方が、左側の表示形式に『今日の日付』で表示されます。

表示形式選択
表示形式選択

今回は、『令和1年11月21日』を選択し、OKを押します。

今日の日付挿入完了
今日の日付挿入完了

簡単にワード文書に『今日の日付』を表示させることができました。

『今日の日付』を自動更新する

上記の方法で表示させた『今日の日付』は、永遠に『令和1年11月21日』になります。

そうではなく、ワードを開くたびに『ワードを開いた日』を表示するようにしてみましょう。

日付と時刻を選択
日付と時刻を選択

ワードを開き、挿入タブから『日付と時刻』を選択します。

自動的に更新する
自動的に更新する

『日付と時刻』ダイアログボックスが表示されました。

表示させたい形式を選択し、『☑自動的に更新する』にチェックを入れましょう。

そして、OKを押します。

見た目は同じ
見た目は同じ

見た目は変わりませんが、これで、明日このワードを開くと日付が『令和1年11月22日』と表示されることになります。

この機能は、エクセルの『TODAY関数』に似ているね!
『TODAY関数』も、エクセルを開いた日付が表示されるよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードの日付をヘッダーとフッターに挿入する

ヘッダーやフッターには、『文書のページ番号を挿入する』こともできます。

ワードのページ番号を設定しよう!ページ番号は途中からも表示できる!を参考にしてもらえると、分かりやすいです。

では今回は、ページ番号ではなく『日付』をヘッダーとフッターに挿入してみましょう。

ヘッダーの編集
ヘッダーの編集

挿入タブからヘッダーを選択し、『ヘッダーの編集』を押しましょう。

日付と時刻
日付と時刻

日付と時刻を押して、『日付と時刻』ダイアログボックスを表示させます。

表示形式を選択
表示形式を選択

表示させたい日付の表示形式を選択しOKを押します。

ヘッダーに挿入
ヘッダーに挿入

ヘッダーに日付の挿入ができました。

フッターも同じ手順なので、とても簡単だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

日付の自動更新を解除するには

ワードを開くたびに『今日の日付』が自動更新されるのは、とても便利です。

しかし、常に自動更新が必要でない場合もあります。

例えば、お客様への文書を作成し発送も完了していた場合、後日ワードを開くと日付が変わってしまいます。

いつ発送した文書なのかが分からなくなってしまうよね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

日付の自動更新を解除したいときには、フィールドを更新されないようにロックしましょう。

フィールドのロック
フィールドのロック

『日付』を選択して『Ctrl+F11』を押すだけで、自動更新を解除できます。

フィールド更新ができない
フィールド更新ができない

ぜひ活用してみてください。

入力確定後のワードの日付を変換するには

自動更新しない日付を入力した場合、『日付の変換』はできるのか?といった質問を受けることがあります。

エクセルだったら『表示形式』から日付の変換をすることはできます。

エクセルとワードの違い
エクセルとワードの違い

しかし、ワードには『表示形式』といった機能はありません。

なので、再度正しい『日付』を入力しましょう。

それでも、入力を確定した日付の変換をしたい場合は下記の手順をしてみましょう。

入力確定した日付を変換する手順
入力確定した日付を変換する手順
  1. 入力が確定している『1990/1/1』の日付を選択する
  2. 開発タブを開く
  3. 日付選択コンテンツコントロールをクリックする
入力確定した日付を変換する手順
入力確定した日付を変換する手順
  1. コントロールのプロパティをクリックする
  2. 表示させたい形式を選択する
  3. OKを押してプロパティを閉じる
ワードの日付を変換完了
ワードの日付を変換完了

『1990/1/1』を『平成2年1月1日』に変換することができました。

エクセルの『表示形式』のように簡単には変換できないので、ワードの日付の入力時には気を付けようね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードも『今日の日付』を簡単に挿入できる!

ワードに今日の日付を挿入する方法は、とても簡単でした。

開くたびに、日付の更新が必要であれば『☑チェックを入れる』ことを忘れずに行ってください。

このような、今日の日付を表示させる方法は、エクセルだとTODAY関数になります。

TODAY関数やDATEDIF関数を使って、年齢や勤続年数などを簡単に計算することもできます。

興味のある方は、姉妹サイト【Excelドクター】で解説しているこちらも≫エクセルで年齢や勤続年数を簡単計算!便利な【DATEDIF関数】を参考にしてみてください。

ワードドクターがおすすめするWord本

カテゴリー:
タグ:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事