ワードのページ番号を設定しよう!ページ番号は途中からも表示できる!

3 min 164 views
ワード初心者

ワード初心者

ワードで長文の文書を作成したよ!長文だからページ数がとても増えてしまって、見たいページを探すのが大変になっちゃった…。
ページ番号がふってあれば、見たいページも探しやすいし便利そう!

そうだね!ページ番号があれば見やすいし便利だよね。
ワードにはページ番号を設定することができるので、解説していくね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ワードのページ番号を設定する方法を解説します。

長文の文書や、短文の資料など、ページ番号があると見やすくなります。

上部や下部や左右にページ番号を設定して、見やすい文書を作成しましょう。

ページ番号の簡単ステップ
  1. 『挿入』タブを押す。
  2. 「ヘッダーとフッター」の中から『ページ番号』を押す。
  3. プルダウンメニューから設置する場所などを選ぶ。

複数ページに渡る文書を作成した際は、誤字や脱字の確認をするのが大変だと感じるかたも多いと思います。

そんな時は「スペルチェックと文章校正」という機能を活用すると、誤字や脱字だけでなく文法的に不自然と思われる箇所を一度に指摘してくれます。

詳しくはこちら≫「スペルチェックと文章校正」についての記事内で設定方法などを解説しています。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

ワードの文書にページ番号を設定する

4ページの文書に、ページ番号を設定してみましょう。

4枚の文書
4枚の文書

↑1枚目は『目次』、2枚目から4枚目は『内容』になっています。

挿入タブ
挿入タブ

↑挿入タブを開きます。

右側に『ヘッダーとフッター』があり、その中に『ページ番号』があるので選択しましょう。

設置場所選択
設置場所選択

↑ページ番号は、4個から設置する場所を選ぶことができます。

  • ページの上部
  • ページの下部
  • ページの余白
  • 現在の位置

今回は、『ページの下部』の 『番号のみ2』を選択しました。

4個の設置個所それぞれにカーソルを合わせると、イメージプレビュー画面が確認できるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ページ番号の設定
ページ番号の設定

↑すべてのページのフッター部分に『1~4』のページ番号が設定されました。

カーソルの位置
カーソルの位置

↑ページ番号の挿入直後は、1ページ目の『1』にカーソルがあります。

Page-の入力
Page-の入力

↑『1』の前に『 Page- 』を入力してみましょう。

すべてのページに『Page-』が入力
すべてのページに『Page-』が入力

↑2ページ目以降にも『 Page- 』が挿入されています。

ページ番号を挿入した時点で、編集が可能になります。

目次や表紙にページ番号をつけずに途中から設定する

上記のように簡単にページ番号を設定することができます。

しかし、よく見てみると『目次』にページ番号は必要でしょうか?

今回はありませんが、『表紙』などにもページ番号は無くてもいいですね。

目次にはページ番号を設定せずに、内容の2枚目からにページ番号を変更してみましょう。

目次や表紙にページ番号をつけない『途中から設定』する方法

フッターをダブルクリック
フッターをダブルクリック

↑ページ番号を設定した4枚の文書の『Page-1』のフッターをダブルクリックします。

ヘッダーとフッタータブ
ヘッダーとフッタータブ

↑ヘッダーとフッタータブに切り替わります。

『ページ番号』を開き、ページ番号の書式設定を選択します。

ページ番号の書式
ページ番号の書式

↑『ページ番号の書式』ダイアログボックスが表示されました。

開始番号を『0』にしてOKを押しましょう。

Page-0
Page-0

↑1枚目のページ番号が『Page-0』になりました。

先頭ページのみ別指定
先頭ページのみ別指定

↑ヘッダーとフッタータブのオプション『先頭ページのみ別指定』にチェックを入れます。

1枚目の『Page-0』が消えました。

2枚目からページ番号あり
2枚目からページ番号あり

↑2枚目以降には、『Page-1』から『Page-3』まで表示されています。

ヘッダーとフッターを閉じる
ヘッダーとフッターを閉じる

↑ヘッダーとフッターを閉じて完成です。

ヘッダーとフッターの閉じるボタンや、本文をダブルクリックしても閉じることができます。

ワードの目次設定とは

目次作成完了
目次を設定

↑のようにワードの目次設定をする場合は、こちら≫【ワードの目次】作成や編集や更新を覚えて仕事効率アップを参考にしてみてください。

目次を設定すると、文章の追加や削除があった場合にも『更新』をするだけで、新しい目次に更新できます。

目次を手入力で修正する時間を省けるので仕事効率アップになります。

ページ番号を設定するのは、とても簡単でした。

長文の際にはぜひ活用されてみてください。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードの使い方について 初心者から上級者までわかりやすく解説しています。 ワードについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントからご質問ください。

カテゴリー:
関連記事

5 件のコメント