スポンサーリンク

ワード【ドロップキャップ】最初の一文字を大きく目立たせる機能

タイトル使い方
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
ワード初心者
ワード初心者

先輩が作成したワードの文書で、最初の1文字だけ大きくなってる資料があったんだけど、そんなことができるの?

ワード初心者
ワード初心者

雑誌とかでも、最初の1文字を大きくしたりするデザインあるよね!
お洒落だから私も試してみたいなぁ。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

最初の1文字を大きく目立たせる機能を『ドロップキャップ』というよ!
文書の始まりが大きくなっているから読みやすいよね。
『ドロップキャップ』の設定について解説するね!

今回は、ドロップキャップの設定方法を解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

スポンサーリンク

ワードのドロップキャップ機能とは?

ドロップキャップとは、段落の最初の1文字を大きく目立たせて表示する機能になります。

強調したい行や、文書の内容の変わり目などに設定すると効果的です。

大きく表示することで、段落の始まりがわかりやすくなり、読みやすくなります。

欧米では古くから利用されているレイアウトです。

ドロップキャップ英字
ドロップキャップ英字
スポンサーリンク

ドロップキャップを使ってみよう!

今回は、『Word画面の名称と機能について』の文書をドロップキャップ機能を使いデザインしてみましょう。

『W』を大きくする
『W』を大きくする

↑文書を開き、文字を大きくする段落にカーソルを置きます。

1行目の最初の文字『W』を大きくしましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス

分かりやすくするために、カーソルは先頭に置くといいよ!

ドロップキャップの追加
ドロップキャップの追加

↑挿入タブから『ドロップキャップの追加』を押します。

表示場所の選択
表示場所の選択

↑『本文内に表示』と『余白に表示』に、カーソルを合わせてみましょう。

イメージプレビューが、ワード文書で見ることができます。

3行の本文内で表示
3行の本文内で表示

↑今回は、『本文内に表示』を選択しました。

先頭の文字『W』が大きく表示され、とても目立つようになりました。

初期設定では文字の大きさは『3行』になっています。

ドロップキャップのオプション
ドロップキャップのオプション

↑文字の大きさの変更は、挿入タブから『ドロップキャップの追加』を選択し、『ドロップキャップのオプション』を開きましょう。

ドロップキャップのダイアログボックス
ドロップキャップのダイアログボックス

↑ドロップキャップのダイアログボックスが表示され、ドロップする行数や、フォントなどの設定が行えます。

ドロップキャップの設定をする
ドロップキャップの設定をする

↑文字の大きさ『ドロップする行数』を『2』にして、OKを押しました。

次の段落にも、ドロップキャップを設定しました。

このようにドロップキャップは簡単に設定できるので、ぜひ強調や文書の変わり目などに使ってみてください。

スポンサーリンク

ドロップキャップの解除の方法

ドロップキャップを簡単に設置することができました。

それでは、ドロップキャップの解除の方法も確認しましょう。

文字を選択する
文字を選択する

↑大きくした文字を選択します。

または、大きくした文字の段落内を選択します。

ドロップキャップの追加ボタン
ドロップキャップの追加ボタン

↑挿入タブから『ドロップキャップの追加』を選択し、『なし』を押しましょう。

ドロップキャップの解除
ドロップキャップの解除

↑簡単にドロップキャップの解除ができました。

スポンサーリンク

ドロップキャップでデザイン

ドロップキャップで、さまざまなデザインができます。

強調したときや、文書の内容の変わり目などにドロップキャップを設定してみましょう。

ドロップキャップのデザイン
ドロップキャップのデザイン

↑色を付けてみたり、フォントの変更など、アレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回のドロップキャップ機能を付ける際に、文章を縦に2列に分けて表示しています。

この方法を『段落』といいます。

段落についてはこちら≫ワードの文書を【段組み】して読みやすくしよう!を参考にされてみてください。

タイトルとURLをコピーしました