早めに準備しよう!2021年の年賀状なら自宅で簡単注文の【挨拶状ドットコム】できまり!

ワード【ドロップキャップ】最初の一文字を大きく目立たせる機能

3 min 1,640 views
ワード初心者

ワード初心者

先輩が作成したワードの文書で、最初の1文字だけ大きくなってる資料があったんだけど、そんなことができるの?

最初の1文字を大きく目立たせる機能を『ドロップキャップ』というよ!
文書の始まりが大きくなっているから読みやすいよね。
『ドロップキャップ』の設定について解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

雑誌とかでも、最初の1文字を大きくしたりするデザインがあり、お洒落ですよね。

今回は、そんなドロップキャップの設定方法を解説します。

ドロップキャップの簡単ステップ
  1. 段落の先頭にカーソルを置く
  2. 挿入タブから『ドロップキャップの追加』をクリックする
  3. 表示位置を選択する

ドロップキャップは文字を目立たせる事ができますが、装飾された文書作成が目的でしたら「背景」もアレンジしてみると印象が変わります。

背景を画像に設定したり、グラデーション等の効果を加える方法を「≫ワードの背景に色を付けてデザインしよう!」で解説しています。

他には、背景に半透明な文字を大きく入力し、その文書がどういう物なのか即座に伝えられる「透かし文字」という機能も便利です。

透かし文字についてはこちら「≫ワード【透かし】で背景に文字を入れたり、削除する方法を解説!」を参考にしてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

ワードのドロップキャップ機能とは?

ドロップキャップとは、段落の最初の1文字を大きく目立たせて表示する機能になります。

強調したい行や、文書の内容の変わり目などに設定すると効果的です。

大きく表示することで、段落の始まりがわかりやすくなり、読みやすくなります。

欧米では古くから利用されているレイアウトです。

ドロップキャップ英字
ドロップキャップ英字

ドロップキャップを使ってみよう!

今回は、『Word画面の名称と機能について』の文書をドロップキャップ機能を使いデザインしてみましょう。

『W』を大きくする
『W』を大きくする

↑文書を開き、文字を大きくする段落にカーソルを置きます。

1行目の最初の文字『W』を大きくしましょう。

分かりやすくするために、カーソルは先頭に置くといいよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ドロップキャップの追加
ドロップキャップの追加

↑挿入タブから『ドロップキャップの追加』を押します。

表示場所の選択
表示場所の選択

↑『本文内に表示』と『余白に表示』に、カーソルを合わせてみましょう。

イメージプレビューが、ワード文書で見ることができます。

3行の本文内で表示
3行の本文内で表示

↑今回は、『本文内に表示』を選択しました。

先頭の文字『W』が大きく表示され、とても目立つようになりました。

初期設定では文字の大きさは『3行』になっています。

ドロップキャップのオプション
ドロップキャップのオプション

↑文字の大きさの変更は、挿入タブから『ドロップキャップの追加』を選択し、『ドロップキャップのオプション』を開きましょう。

ドロップキャップのダイアログボックス
ドロップキャップのダイアログボックス

↑ドロップキャップのダイアログボックスが表示され、ドロップする行数や、フォントなどの設定が行えます。

ドロップキャップの設定をする
ドロップキャップの設定をする

↑文字の大きさ『ドロップする行数』を『2』にして、OKを押しました。

次の段落にも、ドロップキャップを設定しました。

このようにドロップキャップは簡単に設定できるので、ぜひ強調や文書の変わり目などに使ってみてください。

ドロップキャップの解除の方法

ドロップキャップを簡単に設置することができました。

それでは、ドロップキャップの解除の方法も確認しましょう。

文字を選択する
文字を選択する

↑大きくした文字を選択します。

または、大きくした文字の段落内を選択します。

ドロップキャップの追加ボタン
ドロップキャップの追加ボタン

↑挿入タブから『ドロップキャップの追加』を選択し、『なし』を押しましょう。

ドロップキャップの解除
ドロップキャップの解除

↑簡単にドロップキャップの解除ができました。

ドロップキャップでデザイン

ドロップキャップで、さまざまなデザインができます。

強調したときや、文書の内容の変わり目などにドロップキャップを設定してみましょう。

ドロップキャップのデザイン
ドロップキャップのデザイン

↑色を付けてみたり、フォントの変更など、アレンジしてみませんか。

今回のドロップキャップ機能を付ける際に、文章を縦に2列に分けて表示しています。

この方法を『段落』といいます。

段落についてはこちら≫ワードの文書を【段組み】して読みやすくしよう!を参考にしてみてください。

ワードドクターがおすすめするWord本

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事