楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

ワードファイルにパスワードを設定する方法!変更も簡単にできる!

3 min 207 views
ワード初心者

ワード初心者

ワードファイルを第三者が勝手に開けないようにしたいんだけど、どうしたらいい?

ワードファイルは、保存する時にパスワードを設定すれば、他の人が開けないようにできるよ!パスワードのかけ方以外にもくわしく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回はワードで作成したファイルにパスワードを設定する方法などを紹介します。

一度決めたパスワードを後から変更したり、解除することもできるので、他の人に中身を見られたくない場合や、一部の人達だけで共有したい場合などに使えますよ。

ワードファイルにパスワードを設定する簡単ステップ
  1. 「ファイル」タブを選択する
  2. 「名前を付けて保存」で保存先を選ぶ
  3. 「ツール」→「全般オプション」を選択
  4. パスワードを決めて入力し、確認の再入力をする

ワードを20年以上使ってきた私が、パスワードのかけ方や変更の仕方などをくわしく説明していくね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードファイルにパスワードをかけるには、ファイルを保存する際に一手間加えるだけで、操作も簡単です。順を追って解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

ワードファイルへのパスワードのかけ方

まずワードファイルを保存する際のパスワードのかけ方を説明します。

「ファイル」タブを選択
「ファイル」タブを選択

文書を開いている状態で「ファイル」タブを選択しましょう。

名前を付けて保存
名前を付けて保存

「名前を付けて保存」をクリックし、保存したい場所を選択します。ここでは例として、デスクトップにファイルを保存します。

全般オプションを選択
全般オプションを選択
  1. 「参照」をクリックする
  2. 「名前を付けて保存」ウィンドウが開いたら、「デスクトップ」を選択
  3. 「ツール」をクリック
  4. 「全般オプション」を選択する
パスワードを入力
パスワードを入力
  1. 「読み取りパスワード」を入力する
  2. 「書き込みパスワード」を入力する
  3. 「OK」をクリック

「読み取りパスワード」はファイルを開く際に、「書き込みパスワード」は文書を編集するために必要になります。読み取り、書き込みの両方を設定するか、どちらか一方のみパスワードをかけることもできるので活用しましょう。

確認の再入力
読み取りパスワード確認
  1. 「パスワードの確認」で先ほど入力した読み取りパスワードを再度入力する
  2. 「OK」をクリック
書き込みパスワード確認
書き込みパスワード確認

同じく「書き込みパスワード」も確認の再入力をします。

保存をクリック
保存をクリック

「名前を付けて保存」の画面に戻ったら、「保存」をクリックしましょう。これでワードファイルにパスワードがかかった状態で保存できました。

次回からファイルを開こうとすると、「パスワードを入力してください」のメッセージが表示されるようになります。

ワードのパスワードを解除したい!

ワードファイルに設定したパスワードが不要になった場合は、パスワードを解除することができます。それには、変更するのと同じく今現在のパスワードが必要です。

パスワードを削除する
パスワードを削除する

パスワードを入力してファイルを開き、パスワードをかける場合と同じ設定画面で、パスワードを削除して保存すると、設定されていたパスワードが解除されます。

パスワードを解除する方法については≫【覚えておきたい便利技】ワードのパスワードを解除する2つの方法!で詳しい手順を解説しておりますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

ワードファイルにかけたパスワードを変更するには?

次に、ワードファイルに一度設定したパスワードを変更する方法を解説します。

まず、パスワードがかかったファイルを開きましょう。

パスワードを入力
パスワードを入力

変更前のパスワードを入力してファイルを開いてください。

次にパスワードを設定した時と同じ手順で、「ファイル」タブ→「名前を付けて保存」→「ツール」から「全般オプション」を開きます。

新しいパスワードを入力
新しいパスワードを入力

「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」ボックスにそれぞれ新しいパスワードを入力し、「OK」をクリックしましょう。

次の画面で、確認のため今設定した新しいパスワードをそれぞれ再度入力します。

上書き保存する
置き換え保存する

「名前を付けて保存」の画面に戻って「保存」をクリックし、「置き換えますか?」の画面で「はい」を選択します。

これでパスワードの変更ができました。

ワードのパスワードを忘れてしまったらどうなる?

ワードファイルに設定されたパスワードを変更するためには、今現在のパスワードがわかっていて、ファイルを開けることが前提です。

つまりパスワードを忘れた場合はファイルを開けないため、パスワードの変更ができなくなってしまいます。

パスワードがわからなくなってしまうことがないように、別に記録して保管しておくなど、きちんと管理をしましょう。

どうしても必要な場合はパスワード解析ソフトを使ってわかる場合もあるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードのパスワード機能を使いこなそう!

今回はワードでパスワードを活用する方法について解説しました。

ワードファイルを開けられないように保護するには「読み取りパスワード」、編集されないように閲覧のみの状態で保存したい場合は「書き込みパスワード」というように使い分けると良いでしょう。両方のパスワードを設定するとより安全になります。

定期的にパスワードを変更するのも、セキュリティ対策として有効です。

ポイント
  • ワードファイルにパスワードを付けるには、「名前を付けて保存」画面で「ツール」→「全般オプション」で設定する
  • パスワードは「読み取り」と「書き込み」のそれぞれ設定できる
  • パスワードを変更するには既存のパスワードが必要

パスワードを活用すると大切なファイルを保護できて安心ですし、誤って編集されてしまうことも防げます。

そして設定したパスワードはしっかり記録・保管をして活用してくださいね。

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事