年末ワイ!ワイ!SALE|ペイペイジャンボで全額戻ってくるチャンス

【ワード】ふりがなの付け方を解説!カタカナや行間の設定も簡単

3 min 2,181 views
ワード初心者

ワード初心者

特殊な専門用語や、読みが難しい漢字などに『ふりがな』が付いてあると助かるな。って思うんだよね。
ワードで『ふりがな』を付ける方法から応用まで教えてほしいなぁ。

『ふりがな』が付いてあると 読み手のことも考えられているって思うよね!
ふりがなの機能をたくさん紹介するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ワードの『ふりがな』を付ける方法を解説します。

文書内の『機能』という漢字を使い、『ふりがな』のさまざまな設定も紹介します。

各見出しの解説時には『機能』の漢字の『ふりがな』をリセットして説明します。

読みやすい丁寧な文書を作成しましょう。

ふりがなの簡単ステップ
  1. ふりがなを付ける文字を選択する。
  2. ホームタブの『ルビ』ボタンを押す。
  3. ルビに誤りが無ければ『OK』ボタンで閉じる。

ふりがなを付けるだけでは、読み手が理解できない事もありますね。

そんな時はワードの「脚注」という機能を使って、ページの下部に語句の説明欄を設けると専門用語などの解説ができて親切です。

詳しくはこちら≫「脚注の入れ方を解説!」をお読みいただくと設定方法などを覚えられます。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Office365』を使用しています。

ワードでふりがなの付け方は?

ワードの『ふりがな』は、とても簡単に付けることができます。

ルビボタン
ルビボタン

↑ふりがなを付ける文字を選択しましょう。

今回は『機能』を選択します。

ホームタブの『ルビ』ボタンを押しましょう。

ルビのダイアログボックス
ルビのダイアログボックス

↑ルビのダイアログボックスが表示されました。

対象文字とルビの確認をし、良ければOKを押します。

ふりがなの設定完了
ふりがなの設定完了

↑簡単に『ふりがな』を付けることができました。

今回は、オレンジ色の見出しを設定した文書を使用しています。

見出しについては、こちら≫ワードで【見出し】を設定しよう!見出しの色やフォントの変更も簡単を参考にされてみてください。

ワードのふりがなをカタカナにしてみよう

次にふりがなを『カタカナ』で表示してみましょう。

ルビボタン
ルビボタン

↑ふりがなを付ける文字の『機能』を選択し、ルビボタンを押します。

ふりがなをカタカナに変換
ふりがなをカタカナに変換

↑ルビのダイアログボックスが表示されます。

ルビの『きのう』を選択し、変換します。

カタカナの『キノウ』にし、OKを押しましょう。

ふりがなをカタカナに変換完了
ふりがなをカタカナに変換完了

↑ふりがなを『カタカナ』に変えることができました。

同じふりがなをいっぺんに反映させる方法

文章の中には、『機能』という漢字が何度も出てきます。

すべての『機能』にふりがなを打ってみましょう。

すべて適用
すべて適用

↑『機能』を選択し、ルビのダイアログボックスを表示させます。

左下の『すべて適用』を押しましょう。

すべて変更
すべて変更

↑ルビの変更確認が表示されます。

  • 変更…1個づつルビを打てる
  • すべて変更…全ページにある『機能』にルビが打てる
  • 次を検索…選択されている『機能』にはルビを打たずに、次の『機能』を選択する

『すべて変更』を押しましょう。

すべてのふりがな設定完了
すべてのふりがな設定完了

↑全ページの『機能』を検索し、何個にふりがなを打ったかを教えてくれます。

OKを押して、完了です。

ふりがなと漢字の距離を調節する

ふりがなを付けると、初期設定の段階では少し近いようになっています。

ふりがなと漢字の距離を調節してみましょう。

ルビボタン
ルビボタン

↑『機能』を選択し、ルビを押します。

オフセット
オフセット

↑『オフセット』のポイントをあげると、プレビュー画面での『機能とふりがな』の距離が開いていきます。

OKを押して完成です。

ふりがなと漢字の距離を調整完了
ふりがなと漢字の距離を調整完了

↑漢字とふりがなの距離を調整することができました。

ふりがなを付けたら行間が開いてしまった場合

ふりがなを付けると『行と行の間』が開いてしまいます。

ふりがなを付けても均等な行間にして見栄えをよくしましょう。

行間のばらつきが目立つ
行間のばらつきが目立つ

↑『機能』にふりがなを付けているので行間が広くなっています。

行間のオプション
行間のオプション

↑行間を調整したい文書全体を選択、または段落を選択します。

今回は全体を選択します。

ホームタブの『行と段落の間隔』をクリックし、『行間のオプション』を選択しましょう。

段落のダイアログボックス
段落のダイアログボックス

↑段落のダイアログボックスが表示されました。

間隔の行間を『固定値』にして、『間隔』を18ptに変更し、OKを押します。

行間が均等
行間が均等

↑ふりがなを付けている行間も均等になり見栄えよくなりました。

また、ワードでは行間だけでなく文字と文字の間隔を狭くしたり、広くしたりする事ができます。

少ないスペースに入力したい時や、文字を装飾せずに目立たせたい時などに役立つと思います。

別記事の≫「文字間隔を調整する方法!」で設定方法などを詳しく解説していますので気になる方はご参考ください。

ワードのふりがなを削除する方法

フリガナの削除方法を解説します。

ルビの解除
ルビの解除

↑ふりがなを付けている文字を選択し、ルビボタンを押します。

ルビの解除を押してOKを押しましょう。

ふりがなを削除
ふりがなを削除

↑簡単にふりがなを削除することができます。

ワードでの『ふりがな』機能はいかがでしたでしょうか?

文書を作成する際に、とても親切な便利機能でした。

『ふりがな』の機能はエクセルでも行えます。

エクセルで『ふりがな』をつけるにはPHONETIC関数なども使えます。

エクセルのことならこちら≫エクセルデータの「ふりがな」は手入力しないで【PHONETIC関数】にお任せ!を参考にされてみてください。

カテゴリー:

ワードを使うなら

お名前.comのMicrosoft 365がお得!

  • Microsoft公式よりもお得
    お名前.com 月額860円~
    Microsoft社 月額1,080円
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

関連記事