【ワードの検索機能】で特定の文字を瞬時に見つけ出そう!

3 min 52 views
ワード初心者

ワード初心者

ワードの検索機能ってどうやって使うのかな?作成した資料の中の一部を確認したいんだけど、どの部分だったか忘れちゃった。
長文だから探すのが大変だなぁ。

文書の隅まで探すのは大変だよね、ワードでは文字が部分的に分からなくても探せるから早速やってみよう!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

特定の文字を瞬時に見つけたい時に便利な『検索』機能について紹介します。

文書の中に探したい文字が複数あっても簡単に見つけられるようになります。

『検索』の簡単ステップ
  1. ホームタブ『編集』の『検索』をクリック
  2. 『ナビゲーション』に文字列を入力して決定

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Word2016』を使用しています。

ワードの『検索機能』とは?

ワードの検索機能では、文書から探したい文字を見つけて表示してくれるだけでなく、

  • 探したい文字が文書の中に何個あるかの表示
  • 文字が複数のページに含まれていても色分けやプレビューで確認できる
  • 一部がかぶっている文字を同時に検索
  • 文字を強調表示する

といった事もしてくれます。

特に文字数やページ数の多い文書を作った時に便利です。

検索後

ワードから特定の文字を検索する方法

ワード文書から文字を検索してみましょう。

Ctrl+F

ホームタブ『編集』の『検索』を押します。ショートカットキーは【Ctrl+F】です。

ナビゲーション

画面左に『ナビゲーション』が表示されましたので好きな文字を入力します。

今回は「ワード」を検索します。

黄色いマーカーが引かれた

「ワード」が黄色いマーカーで塗られ、検索された文字の場所を教えてくれます。

検索バーの下には文書内の「ワード」という語句のヒット数が出ます。

探し方を選べる

ヒット数の下には「見出し」、「ページ」、「結果」と並んでいます。

今回はページのレイアウトを見ながら文字を探せる「ページ」を選択していますが、どれを選んでも文書全体から検索した文字を探せます。

検索をした文字を置き換える『置換』については、こちらの記事でくわしく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

特定の文字が含まれた検索はワイルドカード

ワイルドカードとは、簡単に言うとトランプのジョーカーのように文字の代わりとして使える記号のことをいいます。

たとえば「第〇回」という文字列が文書の中に複数ある場合や、一部分が思い出せない時などに便利です。

まずは不明な文字の数だけ入力して検索するワイルドカード、[?]の記号を使ってみましょう。

ホームタブ『編集』

ホームタブ『編集』の検索ボタンの横にある小さな矢印を押します。

高度な検索

『高度な検索』を押すと『検索と置換』という画面が表示されます。

ワイルドカードを使用する

今回は「第回」と入力して『ワイルドカードを使用する』にチェックを入れます。

カーソルは「第」と「回」の間に置きます。

任意の1文字

『特殊文字』を押して任意の1文字[?]を1つだけ挿入します。

検索方法

『次を選択(F)』を選ぶと押すたびに該当する箇所を1つづつ教えてくれますが、『検索する場所(I)』から『メイン文書』を選ぶとまとめて表示してくれます。

検索結果

検索した文字の背景が灰色になれば成功です。

また、「第〇〇回」のように不明な文字が増える度に[?]も増やすと複数の文字の代わりになります。

第???回

[?]を3つに増やして検索します。

?の数で結果が変わる

ワイルドカードは半角の手入力でもOKだよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

もしくは、[?]の代わりに同じく『特殊文字』から[*]を入力すると1つで複数の文字列の代わりになります。

[*]は複数の文字の代用になる

『特殊文字』を開くと他にもたくさんの種類が表示されますので、目的に合わせて使いこなしましょう。

『検索された項目の強調表示』で見やすくできる機能

『検索された項目の強調表示』を使って、検索した文字を見やすくしましょう。

背景に色や画像を設定している時に便利な機能です。

背景をデザインする方法は>>ワードの背景に色を付けて自由にデザインしよう!で解説していますので、よければ参考にしてみてください。

『強調表示』の手順

色を選ぶ

ホームタブ『フォント』から『蛍光ペンの色』の横の小さい矢印を押して好きな色を選びます。

高度な検索

ホームタブの『編集』から検索ボタン横の小さい矢印を押して『高度な検索』を押します。

すべて強調表示

文字を入力して『検索された項目の強調表示』を押し、『すべて強調表示』を押します。

強調表示されている状態

入力した文字列の色が変わりました。

解除する時はもう一度『検索された項目の強調表示』を選択し、『強調表示のクリア』を押せば解除できます。

強調表示は印刷には反映されませんのでご安心ください。

素早く文書を見直せる『検索』機能をぜひ活用してみてください。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ワードの使い方について 初心者から上級者までわかりやすく解説しています。 ワードについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントからご質問ください。

カテゴリー:
関連記事

3 件のコメント